トランプ大統領「自分はシャープのファン」 鴻海会長らがホワイトハウス訪問、投資拡大で協議(1/2ページ) – 産経WEST

本当かな?


今年1月、シャープの戴正呉社長(左)と並んで内外メディアと会見する鴻海精密工業の郭台銘会長=台北市

経営再建中のシャープは8日、親会社で台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長とシャープの戴正呉社長が4月下旬にホワイトハウスでトランプ米大統領と会談したことを明らかにした。トランプ氏は「自分はシャープのファンだ。シャープ製品には大きな期待を持っている」と話したという。

■シャープ投資先を複数…東芝メモリについては…

シャープの戴社長が7日に配信した社員向けメッセージで伝えた。会談にはトランプ氏や郭会長、戴社長のほか、米国革新局(OAI)メンバーらも出席し、米国での投資拡大について協議。2社は米国に液晶パネル工場を建設する大型投資の検討に入っており、今後のシャープ再生の柱につなげる狙いがある。

シャープ首脳は8日、日本の記者団の質問に応じ、米国投資について「複数の候補地を絞り込んでいる。今秋までに決定したい」と答えた。

また、東芝が売却のため分社化した半導体子会社「東芝メモリ」(東京)への出資で、ソフトバンクグループや米アップルと連携して入札していることについては「(今回の米国訪問で)全く話は出ていない」と話した。

情報源: トランプ大統領「自分はシャープのファン」 鴻海会長らがホワイトハウス訪問、投資拡大で協議(1/2ページ) – 産経WEST

ふむ。