仏大統領選 ルペン氏が敗北宣言

ふむ・・・


5月7日、仏大統領選挙決選投票での敗北が確実な情勢となった極右・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン氏は、党を刷新する方針を示した(2017年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 7日 ロイター] – 7日の仏大統領選挙決選投票での敗北が確実な情勢となった極右・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン氏は、党を刷新する方針を示した。来月の議会選挙に照準を定め、有権者は同じ選択を迫られると述べた。

ルペン氏は、支持者らへの演説で、「FNは歴史的な好機に向けて大々的に変革し、フランス市民の期待に応えなければならない」としたうえで「新たな政治勢力を構築するためにわれわれの活動の大転換に着手することを提案する」と述べた。

FNの初代党首で父のジャン・マリー・ルペン氏は7日、RTLラジオに対し、娘の選挙活動について、ユーロ圏や欧州連合(EU)からの離脱を訴えたことが裏目に出たとの見方を示し「われわれは、現実の問題、高齢化や移民の問題について有権者に話しかけなければならない」と語った。

フィリポ副党首は、党名を国民戦線から変更する見通しを示した。

情報源:ルペン氏、来月の仏議会選に照準 党刷新へ | ロイター


極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補=パリで2017年5月7日、AP

【パリ賀有勇】フランス大統領の決選投票に進んだ極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補(48)は7日夜(日本時間8日未明)、支持者を前にして「国民は政治の継続性を選んだ」と語り、敗北を宣言した。勝利を確実にした中道・独立系のエマニュエル・マクロン前経済相(39)をたたえた。

ルペン氏は自らの選挙結果について「歴史的で大きな結果となった」とも自賛した。

勝利を確実にしたマクロン氏に対し、現職のオランド仏大統領が祝福した。また隣国ドイツのメルケル首相の報道官も「強固で統一した欧州にとっての勝利だ」と祝意を伝えた。

情報源:<仏大統領選>ルペン氏が敗北宣言「国民は継続性を選んだ」 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:仏大統領選:ルペン氏が敗北宣言「国民は継続性を選んだ」 – 毎日新聞


フランスの大統領選挙の決選投票で、中道で無所属のマクロン氏の勝利が確実になったと伝えられたことを受けて、極右政党・国民戦線のルペン候補は、パリ郊外で支持者の前に姿を見せ、「フランスが直面する多くの課題を前にマクロン氏が成功することを祈っている」と述べ、敗北を認めました。

ただ、「フランス国民は新しい大統領を選んだが、これまでと変わらない政治に投票した」とも述べ、敗北に失望を隠しませんでした。
一方、決選投票まで進んだことについて、ルペン氏は支持者に感謝の意を示すとともに「われわれに加わり、今夜始まる政治の戦いに参加するようすべての愛国者に呼びかける」と述べました。

ルペン氏支持者「今後も支持続ける」

ルペン氏の支持者は、「結果には失望したが、マクロン新大統領がうまく国を治めることができなければ、5年後こそはルペン氏の出番だ。今後もルペン氏を支持し続ける」などと話していました。

また、「来月に控えている議会選挙に向けて戦いは続く。マクロン新大統領の思いどおりにはならないよう国民戦線に健闘してほしい」などと、引き続きルペン氏を支持する声が多く聞かれました。

極右政党の党首ら 健闘たたえる

フランス大統領選挙の決選投票で、ルペン氏が敗北したことについて、反移民や反EUの立場をとるオランダやドイツの政党の党首らはルペン氏の健闘をたたえています。

このうち、オランダの極右政党「自由党」のウィルダース党首は、ツイッターに「ルペン氏には何百万人もの愛国者が投票したのだから、とにかく見事だった。次の選挙では勝つだろう!私も勝つ!」と投稿しました。

また、ドイツの右派政党、「ドイツのための選択肢」のペトリ党首は、地元メディアに対して、「ルペン氏は強く敵視されても感動的な選挙結果を収めた。残念ながら勝利には至らなかったが、心からお祝いしたい」と述べて健闘をたたえました。

イギリスのEUからの離脱を訴えてきたイギリス独立党のファラージュ元党首は、マクロン氏が新たな大統領になることについて「失敗の5年間となるだろう」とツイッターに投稿し、5年後の次回の大統領選挙でのルペン氏の活躍に期待をにじませています。

国民戦線 議会選挙で党勢拡大は

大統領選挙で敗れた国民戦線にとって、今後は来月に控えた議会選挙でどこまで党勢を拡大できるかが重要な課題となります。

ルペン氏は7日、支持者を前にした演説で、「議会選挙に向けては、愛国的な措置をとるのかグローバル化を進めるかという選択を引き続き国民に問うていく。議会選挙はフランスの独立や自由、繁栄、安全などを求める人々を結集させる戦いだ」と述べ、議会選挙でも有権者に支持を求めていく考えを示しました。

一方で、「有権者の期待に応えるには党を刷新しなければならない。自分は今後、党を根本から変えるような提案を行っていく」と述べ、党の改革を進める姿勢を強調しましたが、具体策は明らかにしておらず、国民戦線の今後の行方が注目されます。

情報源: 仏大統領選 ルペン氏が敗北宣言 | NHKニュース


ほぉ・・・