ティラノサウルス毛が生えていた 茨城県自然博物館 – 社会 : 日刊スポーツ

ほぉ・・・


首の後ろから前脚にかけて毛の生えたティラノサウルスと全身羽毛の幼体(茨城県自然博物館で展示中)

北海道で全長8メートル超の国内最大の全身骨格化石が発見されたり、東京・渋谷でトリケラトプスが出没したり、恐竜の話題が続いている。大型連休は今日7日で終わるが、恐竜の展示に心躍らせた読者も多かったのでは。中でも注目されたのは、世界で初めて羽毛をまとったティラノサウルスの常設展示を始めた茨城県自然博物館(坂東市)だ。最新の研究成果に基づき、幼体は全身に、成体も背中から前脚にかけて毛が生え、見学者を驚かせた。

映画「ジュラシック・パーク」(93年)を見た世代にとって、ティラノサウルスといえば、硬い皮膚で覆われた最大最強の肉食恐竜だ。羽毛など最も似合わない。しかし、知らないうちに恐竜研究は大きく進んでいた。リニューアルした茨城県自然博物館のジオラマ「恐竜たちの生活」を見た人は、毛の生えたティラノサウルスに驚く。

「最新の図鑑を見ている子どもたちは羽毛恐竜に慣れていますが、20代後半以降のジュラシック・パーク世代は『毛が生えている』と驚きますね。大人と子どもたちにギャップがあることが分かります」(学芸員の加藤太一さん)。

展示されているのはティラノサウルスの成体、幼体と、ティラノサウルスと並ぶ恐竜界のスター、3本の角とフリルが特徴のトリケラトプス。トリケラトプスも最新の研究に基づき、前脚の付き方が甲を前にした従来のスタイルから「小さく前にならえ」のような甲を横に向けた形に変わった。羽毛の生えたティラノサウルスも、甲を横に向けたトリケラトプスも常設展示では国内初、世界でも恐らく初めてだという。

「ティラノサウルス自体に羽毛化石は発見されていませんが、仲間(ティラノサウルス類)のディロング(全身1・6メートル)、ユウティラヌス(同9メートル)に羽毛化石が確認された。ティラノサウルス類全体に羽毛があったと考えられるようになりました」と加藤さん。ティラノサウルスでも、体が小さく冷えやすい幼体は全身に羽毛が生え、大きく熱を持ちやすい成体も部分的に羽毛が残ったと考えられ、茨城県自然博物館では首の後ろと小さな前脚にかけ、羽毛が生えたティラノサウルスを展示した。

ティラノサウルスの頭蓋骨をCTスキャンで解析すると、嗅覚が発達していたことも分かった。「ジュラシック・パーク」では、ティラノサウルスはじっと身をひそめる主人公たちに気付かず立ち去った。最新の研究結果を脚本にすれば、人々はにおいでバレて食べられていたのかもしれない。茨城県自然博物館のティラノサウルスは、見学者のにおいをかぐしぐさもする。芸が細かい。【中嶋文明】

◆ティラノサウルス 学名はティラノサウルス・レックス。ティラノは「暴君」、サウルスは「爬虫(はちゅう)類」、レックスは「王」の意味。白亜紀末期(7200万~6600万年前)に北米大陸に生息した史上最大級の肉食恐竜。全長10~12メートル、体重約6トン。推定寿命は30歳。

情報源: ティラノサウルス毛が生えていた 茨城県自然博物館 – 社会 : 日刊スポーツ

ふむ・・・

ミュージアムパーク 茨城県自然博物館