カープグッズ、急成長の秘訣 十数年で売り上げ15倍に:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


2月1日、マツダスタジアムで限定グッズなどを買うファン=広島市南区、松崎敏朗撮影

プロ野球広島カープが独自の販売戦略で、グッズの売り上げをこの十数年で15倍に伸ばしている。25年ぶりにリーグ優勝した昨年は記念商品などで収益を押し上げた。グッズ収入は前年比17億3千万円増となる過去最高の53億円となり、球団の全売上高の3割近くを占めるまでに成長した。

■数分で売り切れ

広島カープの売上高(左目盛り)とグッズ収入の推移(右目盛り)

選手も新グッズを待ち望んでいる。今季初めてサヨナラ勝ちした4月1日の阪神戦。本拠マツダスタジアムでのお立ち台で、殊勲の安部友裕内野手(27)は叫んだ。

「覇気が残っていたので打ちました。覇気Tシャツ、作ってください」。その2日後、限定600枚で通信販売された「安部サヨナラヒットTシャツ」はわずか数分で売り切れた。

サヨナラ勝ちや新人の初勝利などで企画される限定Tシャツのデザイン案は、試合直後に担当者で話し合う。感動が冷めないうちに届けるために、Tシャツ専用の工場まで設立した。

2006年に当時のブラウン監督が判定に抗議して一塁ベースを投げたことをうたったTシャツを、選手がおそろいで着た。その非売品が話題を呼んだことが、着想の原点となった。

新シーズンの商品に入れ替わる2月1日には、試合のないマツダスタジアムではファンが列をなした。友人と交代で6日前から並んだという人の姿も。毎年出すカシオ計算機とコラボした真っ赤な腕時計「G―SHOCK」などの限定品は、ネットオークションで定価よりも高値が付く。

安部サヨナラヒットTシャツ

■独創性で勝負

2月1日に用意された700種類のうち半分が新商品となる。加えて300種類を随時投入し、ファンを飽きさせない。

独創的で意外性に富む商品がそろう。今年は、扇風機に赤いヘルメットをのせた「赤ヘル旋風機」、新井貴浩内野手(40)ら選手の血管まで浮かび上がり、拳をかたどった「手形貯金箱」といった限定品を作った。

限定品は興味を持ってもらう入り口で、利益率は低い。アイデアは社内全体で募るだけではなく、最近は業者からの持ち込みも増えている。グッズ販売の責任者である松田一宏オーナー代行(37)は「不安はありますけど、インパクトのあるものを作れば、お客さんは反応してくれる。ただ、売るだけではない」。

在庫を抱えるリスクを避けるために、多品種少量生産なのも特徴だ。例えば、帽子は1品種に付き、200個を作る。その売れ行きから、翌年の出荷数を探る。鈴木清明球団本部長(63)は「旧市民球場時代は1本200円のちくわが残って、職員みんなで手売りした。それでも残ったのは、翌日に揚げて、選手の食事にした。そういう歴史があるから」と説明する。

漫画とコラボした新商品もある
グッズの新商品
「手形貯金箱」やゴルフクラブ。漫画「聖闘士星矢」と鈴木誠也をかけたコラボTシャツもある

■きっかけは球界再編騒動

04年に3億5千万円だったグッズ収入は、マツダスタジアムが開場した09年には20億円、黒田博樹さん(昨季で引退)が米大リーグから復帰した15年には35億円、そして昨年は53億円に。購買層は全国にも広がっている。

広島がグッズに力を入れ始めたのは、04年の球界再編騒動がきっかけだった。地上波でのテレビ中継が減った。04年に30億円だった放映権料は、今では半分まで落ち込む。

広島は12球団で唯一、親会社を持たず、独立採算制をとる。「カープ女子」で俳優、作家のうえむらちかさん(31)は「自分たちファンが球団を支える『たる募金』の精神がある」とグッズを買う心理を分析する。戦後の球団創設期に、市民が資金難を救おうと始めた募金を想起させるという。

実際に経営は上向き、外国人選手の層も厚くなった。沢村賞左腕のジョンソン投手(32)も昨年6月に契約延長にこぎつけた。3年総額で最大15億円近い大型契約だった。主力選手が次々と抜ける苦難の時期は過去のことだ。

昨年の入場料収入は前年比4億2千万円増の58億3千万円。グッズは第2の収入の柱に育った。本拠マツダスタジアムは連日チケットが完売状態で、入場料の大幅な増加は見込めない。松田元・オーナー(66)は「チーム作りにしても真っ正面からいくと、巨人とか阪神とか母体の大きいところには太刀打ちできない。これからも色々と工夫していかないといけない」と気を引き締める。(吉田純哉)

新人・加藤の初勝利を記念したTシャツ
新人・床田の初勝利を記念したTシャツ
4月18日のDeNA戦(マツダスタジアム)で会沢がサヨナラ打を放った記念に作られた限定Tシャツ

《種子田(たねだ)穣・立命館大教授(スポーツビジネス論)の話》 プロ野球はJリーグや米国のプロスポーツと比べて、リーグの統治力が弱い。巨人が中心となってきた歴史があり、各球団がそれぞれ努力してきた。広島のような先進的な球団が成功例を作ることで、リーグ全体に波及していく。

情報源: カープグッズ、急成長の秘訣 十数年で売り上げ15倍に:朝日新聞デジタル

色々作ってるよな。