高齢親子殺傷 傷は肺まで 残されていた刃物が凶器か | NHKニュース

怖いよなぁ・・・


3日に、愛媛県今治市で市営住宅に侵入した女が、刃物のようなもので92歳の母親を殺害し、70歳の息子に重傷を負わせた事件で、母親の胸の刺し傷は肺にまで達していたことが警察の調べでわかりました。警察は、現場に残されていた刃物が凶器とみて、付近の防犯カメラに写っていた40歳前後の女から任意で事情を聴き、事件への関与について調べています。

3日午前9時ごろ、愛媛県今治市室屋町の市営住宅で、岡本ユキヱさん(92)が、部屋に入ってきた女に刃物のようなもので胸を刺されて殺害され、息子の久行さん(70)も背中を切られて重傷を負いました。

警察は殺人事件として捜査していますが、司法解剖の結果、ユキヱさんの死因は大量に出血したことによる失血死で、胸の刺し傷は肺にまで達していたことが新たにわかりました。

警察は、現場に残されていた刃物が凶器とみて、事件のあった時間帯に付近の防犯カメラの映像に映っていた、近くに住む40歳前後の女から任意で事情を聴くなどして事件への関与について調べています。

今治市内では先月26日にも、およそ400メートル離れた住宅で、この家に住む81歳の女性が殺害されているのが見つかっていて、現場には凶器と見られる刃物が残されていました。

警察は、いずれの事件も刃物で高齢者が襲われるなど共通点があることから、関連を調べています。

情報源: 高齢親子殺傷 傷は肺まで 残されていた刃物が凶器か | NHKニュース

ふむ・・・