ゾウ「はな子」の銅像完成 東京・武蔵野でお披露目

ほぉ・・・


戦後初めて来日したゾウとして人気を集め、昨年5月に69歳で死んだアジアゾウ「はな子」の銅像が完成し5日、東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅前の広場でお披露目された。かつての姿を再び目にしようと多くの市民が除幕式に訪れた。

画像の拡大 完成したアジアゾウ「はな子」の銅像(5日午前、東京都武蔵野市)=共同

はな子は1947年にタイで生まれ、49年に上野動物園に贈られた。54年から武蔵野市の井の頭自然文化園に移り、園のシンボルとして愛された。

銅像は全長約2.5メートル、高さ約1.5メートル。親しい人が来た際、あいさつをするように右前脚をちょこんと上げた生前のしぐさを再現した。武蔵野市などの実行委員会が募金を呼び掛け制作した。

家族で度々会いに行っていたという武蔵野市の会社員杉下勝さん(44)は「思った以上に似ていて、久しぶりに再会できた気がしてうれしい。像という形で残ってよかった」と笑顔を見せた。〔共同〕

情報源:ゾウの「はな子」忘れない 東京で銅像お披露目  :日本経済新聞


東京・武蔵野市の井の頭自然文化園で飼育され、去年5月に国内最高齢の69歳で死んだゾウの「はな子」の銅像がJR吉祥寺駅前に完成し、5日、除幕式が行われました。

去年5月に国内最高齢の69歳で死んだゾウの「はな子」は、長年、井の頭自然文化園を訪れる多くの人たちに親しまれていました。

この在りし日の「はな子」の姿を後世に伝えようと、地元の武蔵野市などは寄付金を募って銅像をJR吉祥寺駅前に整備し、5日、完成した銅像の除幕式が行われました。

除幕式の会場には関係者や市民などおよそ300人が集まり、「はな子」の像がお披露目されると大きな拍手が起こりました。

「はな子」の銅像は全長が2メートル50センチ、高さが1メートル50センチで、鼻先と片足を上げて駅前を訪れる人たちにあいさつをしているようなしぐさを表現しています。

銅像をデザインした笛田亜希さんは「はな子を愛していた市民の皆さんや飼育員の方々に『はな子が帰ってきた』と少しでも思ってもらえような銅像になればうれしいです」と話していました。

情報源:国内最高齢のゾウ「はな子」の銅像が完成 除幕式 | NHKニュース


完成したアジアゾウ「はな子」の銅像=5日午前、東京都武蔵野市

戦後初めて来日したゾウとして人気を集め、昨年5月に69歳で死んだアジアゾウ「はな子」の銅像が完成し、5日、東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅北口の広場で除幕式が開かれた。

アジアゾウ「はな子」の銅像を訪れた子供たち=5日午前、東京都武蔵野市

銅像は全長、高さともに約2メートル。武蔵野市などでつくる実行委員会が募金への協力を呼び掛け、制作した。

完成したアジアゾウ「はな子」の銅像=5日午前、東京都武蔵野市

はな子は昭和22年にタイで生まれ、24年に上野動物園に贈られた。29年から武蔵野市の井の頭自然文化園に移り、園のシンボルとして愛された。

情報源: ゾウ「はな子」の銅像完成 東京・武蔵野でお披露目:イザ!


へぇ・・・