マグロの皮が財布に=でこぼこの手触り、近大が開発

ほぉ・・・


近畿大学(東大阪市小若江3)と皮革製品の企画・製造・販売を手掛けるコードバン(兵庫県姫路市)は4月28日、近大マグロの皮を使用した財布など革製品5点を発売した。

近畿大学とコードバンが4着き28日、近大マグロの皮を使用した財布など革製品5点を発売した。コインケース(2万5,920円)(2017-04-28)

「近大マグロ」は、近畿大学水産研究所が世界で初めて完全養殖に成功したクロマグロ。実際に味わえる養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」が大阪と銀座にあり、同大学では同店で出た廃棄物の活用法として、エースコックとともに中骨のだしを使った「近大マグロ使用 中骨だしの塩ラーメン」を開発。昨年11月には、エースコック、カトープレジャーグループとタイアップし、「近畿大学水産研究所×つるとんたん監修 スーパーカップ1.5倍 近大マグロ使用 魚だしカレーうどん」を発売した。

今回の製品開発は、皮の加工から製品デザイン、製造までを国内生産する馬革製品ブランド「THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTURE」を展開するコードバンから、「魚の皮を使った製品作りに挑戦したい」と声を掛けられたことがきっかけ。即席麺同様、店舗で出た廃棄予定の皮を使う。

同社では、コードバン(馬臀部の皮)を使用した製品を展開しているが、魚の皮を使った製品作りは今回が初めて。「皮の裏側に付いている脂肪が残っていると加工後に臭いのもととなるため、コードバンより薄い近大マグロの皮の脂肪を丁寧に取り除く作業に特に時間を要した」(近畿大学広報部)という。製品は近大マグロの皮をメインに、部分的に馬革を使用。近大マグロは完全養殖で育てられるため皮にほとんど傷がなく、加工すると美しい革製品になるという。

商品は、英語で「魚」を意味する「PISCINE(ピサイン)」ブランドとして発売。商品展開は、「L字ファスナー短財布」(3万240円)、「ラウンドファスナーキーケース」(2万8,080円)、「ラウンドファスナーミドルケース」(2万7,000円)、「ラウンドファスナーコインケース」「名刺入れ」(以上2万5,920円)の5点。

同大担当者は「近大に縁のない人にも商品を通じて研究の成果を知ってもらいたい」と話す。

商品は、梅田の商業施設「E-ma」(大阪市北区梅田1)地下1階の「THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTURE E-ma OSAKA」で扱う。

情報源:「近大マグロ」の皮を使った財布 近畿大とコードバンが商品化 – 東大阪経済新聞


近畿大学などが開発したマグロ皮の財布「PISCINE(ピサイン)」(同大学提供)

近畿大学(大阪府東大阪市)は、世界で初めて完全養殖に成功したクロマグロ「近大マグロ」の皮で財布を作製した。革製品を手がける民間企業のコードバン(兵庫県姫路市)と共同開発し、同社の直営店で4月28日に発売した。「うろこのでこぼこした手触りと上品な光沢」が特長という。

ブランド名は英語で魚を意味する「PISCINE(ピサイン)」。主に背の部分の皮を使い、脂肪を丁寧に取り除いてマグロ特有の臭みをなくした。マグロの皮は革製品に使う他の動物より薄いため、柔軟性を長期間維持するためのなめし工程が難しかったという。

養殖育ちの近大マグロは傷が少なく、安定的に皮を調達できる点も商品化を後押しした。財布以外にも、コインケースや名刺入れを開発したが、数量に限りがあるため、大阪市内にあるコードバンの直営店でのみ販売する。色は黒一色で、財布は3万240円。売り切れれば受注販売となる。(2017/04/30-16:20)

情報源: マグロの皮が財布に=でこぼこの手触り、近大が開発:時事ドットコム


株式会社コードバン(兵庫県姫路市)と学校法人近畿大学(大阪府東大阪市)は、近大マグロの皮を使用した財布などの革製品を開発。このたび、英語で「魚」を意味する「PISCINE(ピサイン)」ブランドとして、平成29年4月28日(金)に発売した。

【本件のポイント】
●クロマグロの皮を革製品として商品化したのは日本初で、世界的にも前例がない
●食べるだけでなく、近大マグロを「所有する喜び」を提供
●店舗では廃棄されることが多いマグロの皮を活用することで資源利用・保護を実現

【本件の概要】
近大マグロは近畿大学が世界で初めて完全養殖に成功した研究成果で、実際に味わえる養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」は、開業以来大阪・銀座の両店舗で約70万人(平成29年3月末時点)の来客数を誇る大人気店となっている。
同大は、環境を考える大学として、近大マグロを店舗で提供する際に出る皮や中骨などの廃棄物の活用方法を検討し、これまでに中骨の出汁を使用した即席麺や、皮に含まれるコラーゲンを使用した化粧品などを開発してきた。
このたび、皮の加工から製品のデザイン、製造まで一貫した国内生産にこだわる馬革製品ブランド「THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTURE」を展開する株式会社コードバンと協力し、マグロの皮を使用した革製品を開発し、「PISCINE(ピサイン)」ブランドとして発売する。
近大マグロは完全養殖で丁寧に育てられるため、皮にほとんど傷がなく、加工すると力強く、エレガントな光沢を放つ美しい革製品になる。

■発売日: 平成29年4月28日(金)
■販売商品: 近大マグロ皮を使用した革製品
■販売場所:
THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTURE E-ma OSAKA
(大阪市北区梅田1丁目12-6 E-ma B1F)

【近大マグロ革製品ブランド「PISCINE」について】
株式会社コードバンが展開する店舗にて販売される近大マグロ革製品は、英語で「魚」を意味するブランド名「PISCINE」として販売される。
製品はマグロの皮をメインに使用し、部分的にコードバン・ホースハイド(馬革)を使用することで、近畿大学と株式会社コードバンのコラボレーションを表現するとともに、堅牢性を高め、デザインに気品を与える。

【近大マグロの皮を製品化するまで】
株式会社コードバンは、馬革、特にコードバン(馬臀部の皮)を使用した製品を展開している。近大マグロの皮は、コードバンより薄いため、生皮を腐敗から防ぎ、柔軟性を長期間保持するための加工「なめし」は困難を極めた。
最も開発に苦慮し、時間を要した工程は、皮の裏側についている脂肪の除去。豊富に乗った脂はもちろん、近大マグロの美味しさの秘訣でもあるが、脂肪分が残っていると、加工後に臭いの元になる。薄く繊細な「近大マグロ」の皮の脂肪を慎重かつ丁寧に取り除くことで、はじめて財布などの製品に加工できる状態になった。

【株式会社コードバン概要】
・会社名: 株式会社コードバン
・設 立: 平成22年(2010年)
・代表者: 代表取締役社長 新田芳希
・本社所在地: 〒671-0255 兵庫県姫路市花田町小川1130
・資本金: 1,000万円
・事業内容: 皮革製品の企画製造販売
・WEBページ: http://cordvan.jp/

【商品詳細】
■商品1: L字ファスナー短財布 28,000円
■商品2: ラウンドファスナーキーケース 26,000円
■商品3: ラウンドファスナーミドルケース 25,000円
■商品4: ラウンドファスナーコインケース 24,000円
■商品5: 名刺入れ 24,000円
※価格はすべて税抜
※在庫少数のため、受注生産となる場合があります

▼本件に関する問い合わせ先
近畿大学 総務部広報室
TEL: 06-4307-3007
FAX: 06-6727-5288

情報源:大学プレスセンター – 「近大マグロ」の皮を使用した財布を発売 — 近畿大学


馬の臀部の革名を社名にするか。