シャープ 3年ぶり営業黒字、コスト削減で TBS NEWS

ハァ・・・


経営再建中のシャープは今年3月期の決算で、本業のもうけを示す営業利益が624億円の黒字になったと発表しました。

「今後、構造改革を継続しつつ、成長軌道への転換を進めて参ります」(シャープ 野村勝明 副社長)

シャープの今年3月期の連結決算は本業のもうけを示す営業利益が624億円の黒字となりました。営業利益が黒字となるのは3年ぶりです。去年、台湾のホンハイ精密工業の子会社になって以降、原材料の調達や物流面での協業によるコストの削減が功を奏しました。

一方、主力の液晶パネル事業では、テレビ用の大型パネルや中国メーカーのスマートフォン向けの中小型の販売が減っていて、最終的に損益は248億円の赤字となりました。

情報源: シャープ 3年ぶり営業黒字、コスト削減で TBS NEWS

ふむ。