陸上100m 桐生が10秒04マーク | NHKニュース

ほぉ・・・


陸上男子100メートルで日本選手初の9秒台が期待される桐生祥秀選手が広島市で行われた織田幹雄記念国際大会に出場し、向かい風の中、決勝で10秒04の好タイムをマークしましたが9秒台達成はなりませんでした。

桐生選手は、午前に行われた予選のレースは向かい風0.3メートルの条件の中、スタートから加速しましたが本来の走りができず、10秒16でした。

午後の決勝も向かい風0.3メートルのレースとなり、桐生選手は得意の中盤から後半にかけても力強い走りを見せ、10秒04の好タイムをマークしましたが、目指していた9秒台達成は持ち越しとなりました。桐生選手はこの大会、高校3年で出場し10秒01をマークして優勝して以来、4年ぶり2回目の優勝です。

桐生選手は「9秒台を狙ったレースでたくさんの観客の前でベストを出したかったが、着実に力はつけていると思う。50メートルから60メートルでもっとスピードが上がると思う。世界のスタートラインに立つのは9秒台を出してからだと思うし、もっと練習して9秒台を出したい」と話していました。

桐生選手は、来月3日に静岡県での大会で200メートルに出場したあと、100メートルは来月13日、上海で行われる大会に出場する予定です。

土江コーチ 世界で戦えるレベルに

東洋大学で桐生選手を指導する土江寛裕コーチは、「予選の中盤から後半で力が入っているように感じたので修正するように指示した。決勝の前に『記録は狙うものではなく、条件さえ整えばついてくる』と話し、そのとおりに走ってくれた。9秒台はどこかのタイミングで出ると思うが、そこがゴールではない」と振り返りました。

そしてこの先に向けては「世界選手権で高いレベルの選手たちと戦えるレベルに到達しつつある。高校の時の10秒01より今シーズン出しているタイムのほうが数段レベルの高い中でのパフォーマンスだ」と話し、今後に手応えを感じていました。

伊東浩司さん「記録もっと伸びる」

日本陸上競技連盟の強化委員長で、男子100メートルで10秒00の日本記録を持つ伊東浩司さんは、29日の桐生選手のレースについて「記録はもっと伸びる」と見ています。

伊東強化委員長は、「100メートルの競走というよりも、桐生選手1人が記録を狙うレースだった。リオデジャネイロオリンピックのリレーで銀メダルを取って、世界の舞台でいいパフォーマンスを示せたことがこのような結果につながっていると思う。夏場にかけてもっと記録が伸びていくと思う」と期待を込めました。

そのうえで、男子100メートルの今後の9秒台達成については「10秒0台という記録は、今後、この大会を欠場した山縣亮太選手と一緒に走ると、9秒9前後までいくような完成度の高い走りだと思う。競う相手がいれば、気持ちが燃えるものがあるし、9秒台は必ず誰かが出すと思う」と分析し、「今後は、6月の日本選手権で真の日本チャンピオンが誰になるかを注目してもらいたい」とレベルの高い短距離界に期待していました。

情報源: 陸上100m 桐生が10秒04マーク | NHKニュース

ふむ・・・


「陸上100m 桐生が10秒04マーク | NHKニュース」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。