ヘイトスピーチ事前規制の素案提示 川崎市、6月に正式案:イザ!

ハァ・・・


川崎市は28日、公的施設でのヘイトスピーチを事前規制するガイドラインの素案を市議会常任委員会で明らかにした。6月にも正式なガイドライン案を示す方針で、早期の策定を目指す。実現すれば、事前に抑止する全国初の施策となる見通し。

素案では、市立公園や公民館などの公的施設の利用に関して「不当な差別的言動の恐れが客観的な事実に照らして具体的に認められると判断された場合」に、警告や不許可、許可の取り消しといった事前の利用制限ができると規定した。

また制限の判断が恣意的なものにならないよう、識者で構成する第三者機関を設置。不許可や許可取り消しの場合に市が意見を求める。

川崎市のヘイトスピーチ対策をめぐっては、市の人権施策推進協議会が昨年12月、事前規制のガイドラインや差別全般に対処する条例制定などを求める報告書を福田紀彦市長に提出していた。

情報源: ヘイトスピーチ事前規制の素案提示 川崎市、6月に正式案:イザ!

街頭演説全般を禁止にしてくれ。