広島 一発攻勢でDeNA粉砕 開始2球で2点 岡田8回1失点で3勝目

6-1でカープが勝利。


<D・広>8回、左越えに2ランを放つ鈴木

◇セ・リーグ 広島6―1DeNA(2017年4月29日 横浜)

投打のかみ合った広島が6―1でDeNAに完勝した。

広島は初回、1番・田中がDeNA先発・今永が投じた初球の真ん中直球を叩いて中前打で出塁すると、続く2番・菊池がまたも初球の真ん中外寄り直球を叩き、右翼スタンドへ先制の2号2ラン。試合開始からわずか2球で2点を先行した。

4回には1死から4番・鈴木がまたも初球の真ん中外寄り直球を叩き左翼スタンドへ運ぶ3号ソロで点差を広げると、7回にも1死から6番・新井がカウント1ボール1ストライクからの真ん中低め直球をバックスクリーンへ叩き込む4号ソロ。8回には無死一塁から鈴木がこの試合2本塁打目となる4号2ランを左中間スタンドへ放り込むなど、序盤、中盤、終盤と主力打者に効果的な一発が飛び出して6点をリード。先発の岡田は8回に1点を失いプロ初完封こそ逃したものの8回を6安打1失点に抑えて今季3勝目を飾った。

DeNAは先発左腕の今永が力投しながら、初球の直球を狙い打たれて7回途中4失点降板。7回2死満塁のピンチから登板した2番手・平田はこのピンチはしのいだものの、8回に先頭・丸に四球を与えてから鈴木に2ランを浴びた。

情報源:広島 一発攻勢でDeNA粉砕 開始2球で2点 岡田8回1失点で3勝目 – ライブドアニュース

今季初完封は残念ながら持ち越し。
鈴木が日本ンのHR。