日本72位で変わらず=「フリー記者冷遇」-報道自由度調査

ほぉ・・・


国際NGOの国境なき記者団(本部・パリ)は26日、2017年の「報道の自由度ランキング」を発表した。調査対象の180カ国・地域のうち、日本は前年と同じ72位だが、イタリア(52位)に抜かれて主要国7カ国(G7)では最下位だった。

ランキングは各地で働く記者や専門家へのアンケートをもとに作成。北欧諸国が上位で、中東シリアや北朝鮮が下位に並ぶ傾向は変わっていないが、世界各地で「民主主義が後退し、ジャーナリズムの力が弱まっている」と警告している。

日本は10年の11位から順位の低下が続く。安倍政権への辛口キャスターらの降板なども踏まえ、「メディア内に自己規制が増えている」「政権側がメディア敵視を隠そうとしなくなっている」などと問題視。特定秘密保護法については、国連の特別報告者から疑問が呈されたにもかかわらず「政権は議論を拒み続けている」とした。

43位だった米国については「トランプ大統領がメディアを民衆の敵だと位置付け、いくつかのメディアのホワイトハウスへのアクセス制限を試みた」と警戒感を示した。(パリ=青田秀樹)

■報道の自由度ランキング

(カッコ内は前年との比較)

1 ノルウェー(3)

2 スウェーデン(8)

3 フィンランド(1)

4 デンマーク(4)

5 オランダ(2)

16 ドイツ(16)

22 カナダ(18)

39 フランス(45)

40 英国(38)

43 米国(41)

52 イタリア(77)

72 日本(72)

148 ロシア(148)

176 中国(176)

177 シリア(177)

178 トルクメニスタン(178)

179エリトリア(180)

180 北朝鮮(179)

情報源:報道の自由度ランク、日本は72位 G7最下位に:朝日新聞デジタル


(パリ 27日 中央社)国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(RSF、パリ)が26日発表した2017年の報道の自由度に関するランキングで、台湾は180カ国・地域中45位に選ばれ、アジア圏で首位となった。昨年の51位から6ランク上昇した。

他のアジア諸国・地域では、韓国が63位、日本が72位、中国大陸は176位だった。首位はノルウェーで、2位以下にはスウェーデン、フィンランド、デンマーク、オランダなどヨーロッパの国々が続いた。

今年度の調査結果について同団体は、「報道の自由がかつてないほど脅かされている」とし、民主主義国家でさえも、自由を圧殺する法規や利害の対立などによって自由な報道が妨げられていると危機感をあらわにした。

同調査は2002年から行われており、メディアの多元性や独立性、記者の安全性などが評価基準とされている。

同団体は、台湾の報道の自由度や地理的位置などを評価し、今月6日、台北にアジアで1カ所目となる事務所を設置すると発表した。

(曽依セン/編集:楊千慧)

情報源:報道の自由度、台湾がアジア首位 日本は72位=国境なき記者団 | 社会 | 中央社フォーカス台湾


国際的なジャーナリストの団体、「国境なき記者団」は、世界各国にどれだけ報道の自由があるかを分析した報告書を発表し、アメリカのトランプ大統領によるメディア批判などをあげ、先進国の間でも報道の自由度が後退し続けているとして懸念を示しました。

「国境なき記者団」は、世界各国に報道の自由がどれだけあるか、毎年、分析をまとめ、ランキングを発表していて、ことしの報告書では、180の国や地域が対象となりました。

このうち、ことしトランプ政権が発足したアメリカは「トランプ大統領は、メディアを国民の敵だと訴え、複数のメディアに対しては、ホワイトハウスへのアクセスを妨げようとした」と指摘され、去年よりも2つ順位を下げて43位でした。

またイギリスは、「安全のためだとしてメディアへの対応が厳しくなっている」として40位と去年よりも2つ順位を落とすなど報告書では、先進国の間でも報道の自由度が後退し続けているとして懸念を示しています。

日本は、去年と同じ72位で、特定秘密保護法について「国連から問題視されているものの、政府が議論を拒み続けている」などと指摘されました。

一方、上位は1位がノルウェー2位がスウェーデン3位がフィンランドと、ことしも北欧諸国が占め、最下位は北朝鮮でした。

情報源:「国境なき記者団」先進国も報道の自由度が後退 | NHKニュース


【パリ時事】国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)は26日、各国の報道の自由度に関する2017年の調査結果を発表した。日本は180国のうち72位と前年から順位が変わらなかった。調査は日本について「記者クラブ制度により、フリーや外国のメディアが冷遇されている」と分析している。

日本は10位台に位置していたこともあったが、11年の東京電力福島第1原発事故をめぐる情報開示が問題視されて以降は下落傾向にある。調査は、安倍政権下で成立した特定秘密保護法などを機に報道に対する抑圧がさらに強まったと批判。大手メディアが政権の意向に配慮して「自主規制」を続けていると指摘した。

韓国は、朴槿恵前大統領の疑惑をめぐる報道で「メディアが政権監視能力を発揮した」と評価され、前年の70位から63位に浮上。中国は176位と変わらず、北朝鮮は179位から最下位の180位に転落した。首位は前年3位のノルウェー。(2017/04/26-19:44)

情報源: 日本72位で変わらず=「フリー記者冷遇」-報道自由度調査:時事ドットコム


carte_2017_en_2_1

情報源:World press freedom index | RSF