改憲阻む努力を 9条の会が憲法施行70年を前に訴え | NHKニュース

国民はもちろん、領土、領空、領海を防衛できるのならそれでもいいがな。


来月3日で憲法の施行から70年になるのを前に、憲法9条を守ろうと呼びかけている作家や憲法学者らの団体が記者会見を開き、「改憲を阻むために一人一人ができる努力を始めよう」と訴えました。

記者会見を行ったのは、憲法9条を守ろうと呼びかけている、9条の会のメンバーで、作家の澤地久枝さんや憲法学者の山内敏宏さんなど6人です。

会見ではアピール文を読み上げ、「今、世界では戦争の違法化の流れに逆行する動きが強まっているが、改憲にNOを突きつけることは、9条を持つ私たちに課せられた責任だ。改憲を阻むため、一人一人ができる努力を今すぐ始めよう」などと訴えました。

澤地さんは「戦争で焼け野原になった日本で、今の憲法は戦争を放棄し、人権を尊重するなど当時の人々の気持ちによく応えるものだったと思う。今こそ私たちは1つになって行動するべきだ」と話していました。

9条の会は、憲法の施行から70年になる来月3日に、全国各地で講演会を開く予定だということです。

情報源: 改憲阻む努力を 9条の会が憲法施行70年を前に訴え | NHKニュース

アメリカ軍が居なくても、中国、朝鮮、ロシアなどから防衛できるのかね?