阪大、うつ病改善物質を特定 新規治療薬に期待

ほぉ・・・


うつ病が改善するイメージ

うつ病を改善する化合物をマウスで特定したと、大阪大のチームが25日付の米専門誌電子版に発表した。改善には、記憶をつかさどる脳の「海馬」で神経細胞が新たに作り出されることが重要とされる。この化合物は神経細胞を新生、増加させる働きがあり、新規治療薬の開発につながる可能性がある。

近藤誠准教授(神経科学)は「既存薬が効かない難治性患者の治療薬が望まれている。今回特定した化合物は実験用だが、人で使えるよう研究を進めたい」と話した。

情報源:うつ病改善物質を特定、マウスで 難治性の治療薬に期待、阪大 – 共同通信 47NEWS


鬱病(うつびょう)を改善する化合物をマウスで特定したと、大阪大のチームが25日付の米専門誌電子版に発表した。改善には、記憶をつかさどる脳の「海馬」で神経細胞が新たに作り出されることが重要とされる。この化合物は神経細胞を新生、増加させる働きがあり、新規治療薬の開発につながる可能性がある。

近藤誠准教授(神経科学)は「既存薬が効かない難治性患者の治療薬が望まれている。今回特定した化合物は実験用だが、人で使えるよう研究を進めたい」と話した。

チームは、マウスの海馬を調べ、感情の動きなどに関わる脳内の神経伝達物質「セロトニン」の刺激を受け取る複数の受容体のうち、「セロトニン3型受容体」を持つ神経細胞から、神経細胞の新生を促す「インスリン様成長因子1(IGF1)」という物質が分泌されていることを発見。

この受容体に働き掛ける化合物をマウスに投与すると、IGF1の分泌と神経細胞の新生が促され、行動実験では、鬱状態が改善された。

情報源:鬱病改善に効果の化合物突き止めた!阪大チーム 難治性の治療薬開発に期待 – 産経WEST


うつ病を改善する化合物をマウスで特定したと、大阪大のチームが25日付の米専門誌電子版に発表した。改善には、記憶をつかさどる脳の「海馬」で神経細胞が新たに作り出されることが重要とされる。この化合物は神経細胞を新生、増加させる働きがあり、新規治療薬の開発につながる可能性がある。

近藤誠准教授(神経科学)は「既存薬が効かない難治性患者の治療薬が望まれている。今回特定した化合物は実験用だが、人で使えるよう研究を進めたい」と話した。

チームは、マウスの海馬を調べ、感情の動きなどに関わる脳内の神経伝達物質「セロトニン」の刺激を受け取る複数の受容体のうち、「セロトニン3型受容体」を持つ神経細胞から、神経細胞の新生を促す「インスリン様成長因子1(IGF1)」という物質が分泌されていることを発見。

この受容体に働き掛ける化合物をマウスに投与すると、IGF1の分泌と神経細胞の新生が促され、行動実験では、うつ状態が改善した。〔共同〕

情報源: 阪大、うつ病改善物質を特定 新規治療薬に期待  :日本経済新聞


大阪大の近藤誠准教授(神経細胞生物学)らの研究グループが、マウスを使った実験で、運動療法によるうつ病の改善効果を薬剤投与で実現する方法を見つけた。現在普及している抗うつ剤とは症状を改善させる仕組みが異なるため、現行の治療法で治らない患者にも効く新薬の開発につながる可能性がある。

研究成果は25日、米科学誌「モレキュラー・サイキアトリー」(電子版)に掲載された。

うつ病は、脳内で記憶などをつかさどる「海馬(かいば)」と呼ばれる部分の神経細胞を増やすと、症状が改善される。運動によって増やすことができると知られていたが、薬剤を使って再現する方法は見つかっていなかった。

研究グループは運動をした際、脳内の特殊な神経細胞が働き、海馬の神経細胞が増加する点に着目。この特殊な細胞を刺激する薬剤をマウスに投与したところ、海馬にある神経幹細胞の分裂を促す物質が放出され、神経細胞を増やすことができた。このマウスがうつ状態になりにくくなっていることも確認した。

国内で最もよく使われる抗うつ剤「SSRI」は、神経伝達物質が少なくなることを防ぐ作用を持っている。ところがこの薬で完治する患者は5割に満たないといい、違うメカニズムで働く薬の開発が求められている。近藤准教授は「数年以内に新たな治療薬を開発したい」と話した。【池田知広】

情報源:うつ病:薬投与で運動療法の改善効果実現 阪大が新治療法 – 毎日新聞


脳内で作られる特定の物質が、うつ病に効果があることを大阪大大学院医学系研究科の近藤誠准教授らの研究グループが明らかにし、25日発表した。研究成果は米科学誌電子版に掲載された。

研究グループは、脳で記憶をつかさどる海馬の神経細胞にある「セロトニン3型受容体」に着目。受容体を刺激すると「IGF-1」という物質の分泌量が増えて新しい神経細胞が生まれ、抗うつに効果があることが分かった。

うつ状態で活動量が低下したマウスで実験した結果、翌日にはうつ状態が軽減されたという。

世界保健機関(WHO)の発表では、2015年時点でうつ病を抱える人は世界で推計3億人を超える。近藤准教授によると、最も広く使われている抗うつ薬でも、十分な効果がない難治性の患者が多いという。

近藤准教授は「今回の発見で、難治性うつ病の新しい治療薬の開発が期待できる」と話している。

情報源:特定物質に抗うつ効果=難治性の新薬開発に期待-大阪大|時事通信ニュース|時事メディカル


海馬において、セロトニン3 型受容体を発現する神経細胞が、IGF-1 を産生していることを新たに発見した。さらに、セロトニン3型受容体アゴニストは、海馬のIGF-1分泌を促進することによって、神経幹細胞の分裂・増殖を促進して新生ニューロンを増やし、抗うつ効果をもたらすことを明らかにした。上記の抗うつ効果のメカニズムは、SSRIによる抗うつ作用とは異なる、まったく新しいうつ病治療メカニズムである

情報源:近藤 誠 、島田 昌一 ≪神経細胞生物学≫ うつ病治療の新たなメカニズムを発見!~難治性うつ病の新たな治療薬開発に期待~ | 大阪大学医学系研究科・医学部


癌のセカンドオピニオンで物議をかもした「近藤誠」とは別人だよな?