外国人観光客の診療費未払い 北海道の28医療機関で | NHKニュース

ハァ・・・


日本を訪れる観光客が増える中、外国人が病気やけがで診療を受けた際、診療費が未払いになるトラブルが平成27年度までの3年間に北海道内の28の医療機関で起きていたことが、北海道運輸局の調査でわかりました。運輸局は、外国人観光客に保険への加入を呼びかけるなどの対策が必要だと指摘しています。

北海道運輸局は、去年秋、北海道内の1000余りの病院や診療所を対象に外国人観光客の受け入れ体制についてアンケート調査を行い、585の施設から回答を得ました。

それによりますと、平成27年度までの3年間に外国人の患者を受け入れたことがあると答えたのは全体のおよそ67%にあたる390の医療機関でした。このうち、患者から診療費が支払われないことがあったかどうか尋ねたところ、28の医療機関が、未払いがあったと答えました。

これらの医療機関によりますと、未払いのトラブルは保険に加入していない患者に多く、入院中に抜け出してそのまま帰国したり、帰国後に支払うとしながら、その後、連絡が取れなくなったりするケースがあったということです。また、未払いの金額は、1回で数百万円に上るケースもあったということです。

一方、外国人患者の受け入れにあたって必要なものを尋ねたところ、医療の知識を持った通訳の派遣サービスが最も多く、次いで、外国人向けの医療保険の充実が挙げられました。

北海道運輸局は「外国人観光客の3割が保険に入っていないとも言われる。未払いを減らすには、保険への加入を呼びかけることや、クレジットカードで診療費を支払えるようにするなどの対策が必要になる」と指摘しています。

情報源: 外国人観光客の診療費未払い 北海道の28医療機関で | NHKニュース

マジかよ。
入国管理局と連携しろよ。