広島 逆転勝ちで首位死守!会沢V打、福井今季初登板初勝利

よかった、よかった。


<広・巨>7回2死一、二塁、安部の右前打で二塁から生還する菊池。捕手・小林

◇セ・リーグ 広島7―6巨人(2017年4月26日 マツダ)

広島が2位・巨人との首位攻防第2ラウンドを逆転で制し、ゲーム差を再び1.5とした。

0―3から同点に追いつき迎えた6回。1死満塁から8番・会沢の中前2点打などで3点を勝ち越した。1点差に迫られた7回には安部の右前打で二塁走者・菊池がヘッドスライディングで生還し、再び巨人を突き放した。

投げては今季初登板初先発の福井が2回以降、無失点に抑え、6回を6安打無失点で初勝利。チームは敗れれば首位転落の危機だったが、首位の座を死守した。

情報源:広島 逆転勝ちで首位死守!会沢V打、福井今季初登板初勝利 – ライブドアニュース

次も勝って、勝ち越しだ。