米が日本に“メール監視システム”提供、「機密文書」公開 TBS NEWS

ふむ・・・


アメリカのネットメディアは24日、NSA=国家安全保障局が日本側から情報や財政支援を受けた見返りに、ネット上にある情報の強力な監視システムを提供したことなどを示す情報を公開しました。

アメリカの「インターセプト」は24日、CIA=中央情報局の元職員・スノーデン氏が入手したアメリカ政府の機密情報だとする文書について報じました。

これによりますと、NSAと日本の当局は60年以上にわたり密接な関係を維持し、NSAは日本国内のアメリカ軍基地など少なくとも3か所を諜報活動の拠点としてきました。

2013年には日本からの情報共有への見返りとしてメールなどネット上の情報を幅広く集めて検索できる強力なシステムを日本側に提供。また、2004年に諜報活動に利用するアンテナの製造・修理工場がアメリカ軍の横田基地に建設された際、日本側が総工費660万ドル=およそ7億円や工場内で働く人の給料、年間4000万円強を負担したということです。

文書は、この工場でかつて作られたアンテナがアフガニスタンにおける国際テロ組織アルカイダの掃討作戦に大きな役割を果たしたと評価しています。

情報源: 米が日本に“メール監視システム”提供、「機密文書」公開 TBS NEWS

ハァ・・・