森友学園 民事再生法の申請で保護者説明会

ふむ・・・


説明会に出席するため塚本幼稚園に入る保護者たち=24日午後5時50分、大阪市淀川区塚本1丁目、伊藤進之介撮影

学校法人「森友学園」(大阪市)が民事再生法の適用を大阪地裁に申請したことを受け、学園が運営する塚本幼稚園(同市淀川区)では24日、保護者向けの説明会が行われた。保護者からは「再建の見込みはあるのか」といった声があがったという。

学園によると、塚本幼稚園には現在69人の園児が在籍している。代理人弁護士によると、この日は園児56人の保護者ら70人が参加、約1時間説明が行われたという。学園側からは籠池町浪(ちなみ)理事長と代理人弁護士、保全管理人が参加した。

籠池理事長がわびた後、弁護士らが、民事再生の手続きを申請した経緯や現在の負債状況を説明。幼稚園の運営を続けながら再建を図る考えを伝え、第三者の保全管理人が財産の管理や処分の権限を持つ「管理型」で、手続きが進むことを話した。また前理事長夫妻が幼稚園の運営には関与しないことについても言及があったという。

質疑応答の場では、保護者8人から「資金繰りは大丈夫なのか」などとの声があがり、「(再生計画案が)認可されなかったらどうなるんですか」との不安の声もあった。

学園は今後は再生計画案を作り、債権者の理解を取り付けることを目指す。25日には大阪市内で、債権者集会が予定されている。

情報源:保護者「再建の見込みあるのか」 森友、幼稚園で説明会:朝日新聞デジタル


森友学園民事再生、保護者に説明

大阪地裁に民事再生法の適用を申請した大阪市の学校法人「森友学園」は24日、経営する「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)で保護者への説明会を開き、籠池町浪理事長や保全管理人の弁護士らが申請の経緯や、今後の運営方針などを報告した。弁護士は終了後、記者団に「理解が得られたと思う」と述べた。

弁護士によると、保護者70人が参加。籠池理事長が「心配を掛けている」と陳謝した上で、保全管理人の協力を得て運営を続ける姿勢を改めて示した。保護者からは資金繰りや再建の見込みのほか、今後の教育方針についても質問があったという。

情報源:森友学園民事再生、保護者に説明 | ロイター


経営が悪化し、民事再生法の適用を申請した、大阪の学校法人「森友学園」は24日夜、運営する幼稚園で保護者への説明会を開きました。学園側は、幼稚園の運営を続けて、法人の経営再建を図る方針に保護者の理解が得られたとしながらも、説明会では、再建の見込みがあるのかといった質問もあったということです。

説明会は、森友学園が運営する大阪・淀川区の幼稚園で、午後6時すぎから1時間余りにわたって開かれ、園児の保護者70人が出席しました。

森友学園は、豊中市に建設していた小学校が開校できなくなり、未払いの工事代金や借入金が16億円以上に上るなど経営が悪化したため、自力での再建を断念して、今月21日、大阪地方裁判所に民事再生法の適用を申請しました。

説明会では、学園の籠池町浪理事長や代理人の弁護士などが、幼稚園の教職員の体制は変わらず、前の理事長は運営に一切関与しないことや、保護者に新たな経済的負担を求めないことなどを説明したということです。

保護者からは、経営再建の見込みがあるのかや、その方法について質問があったということです。

また、今後の教育内容についても質問が出て、籠池理事長が「柔軟に考えていきたい」と答えたということです。

学園の財産の管理に当たる疋田淳弁護士は、「説明会は非常に淡々と進んだ。民事再生法の適用申請について、保護者の理解は得られたと思っているし、『今後も応援したい』と心強い話を頂いた」と話しました。

情報源: 森友学園 民事再生法の申請で保護者説明会 | NHKニュース


へぇ・・・