現金のフリマ出品に禁止 メルカリ、見つけ次第削除

ふむ・・・


フリーマーケットのように手軽にさまざまな物を売買できるとして、若い世代を中心に人気のスマートフォンアプリの「メルカリ」に、「1万円札」などの現金が出品されるケースが相次ぎ、運営会社は「規約で禁止しているマネーロンダリング行為にあたるおそれがある」として、現行貨幣の出品を禁止するとともに監視を強化することにしています。

「メルカリ」は、要らなくなったものなどを登録して、利用者どうしで売り買いできるスマートフォンのアプリで、ネットオークションと違ってフリーマーケットのように品物をすぐに購入できる手軽さから、若い世代を中心に人気が集まり、運営会社「メルカリ」によると、アプリのダウンロード件数は4000万件を超え、掲載されている出品は100万点を超えるということです。

この「メルカリ」への出品物に最近、1万円札などの現金が出品され、しかも「1万円札5枚で5万9000円」といった額面以上の金額がつけられるケースが相次いでいました。

メルカリでは品物の代金はクレジットカードなどで支払うことができ、ソーシャルメディアなどでは、「すぐに現金がほしい人や何らかの理由でクレジットカードのキャッシングを利用できない人に向けた、新手の現金化ビジネスでは」といった指摘が出ていました。

運営会社では希少価値の高いコインなどの出品の要望があったことから、規約では現金の出品は禁止していませんでしたが、最近相次いでいるケースは、「規約で禁止しているマネーロンダリングを目的とした行為にあたるおそれがある」として、22日付けで現行貨幣の出品を禁止したということです。

運営会社によると、すでに売買が成立したケースもあるということで、今後は監視を強化して、規約に反する出品は見つけしだい削除していくということです。

情報源:メルカリに現金の出品相次ぐ 運営会社が禁止の措置 | NHKニュース


1万円札×4枚を4万7300円で売るなど、現金を額面以上で販売する出品が多数あった。[update]

「メルカリに現金が出品されている」――4月22日ごろ、Twitterでこんな話題が広がった。メルカリは同日、「利用規約で禁止しているマネーロンダリングにつながる可能性がある」として現行紙幣の出品を禁止した。

3万円を3万9000円で販売する例も
現行紙幣の出品は現在、順次、削除されている

メルカリでは、1万円札×4枚を4万7300円で売る――など、現行の1万円札を額面以上の金額で販売する出品が多数あった。落札者の目的は定かではないが、落札金額をクレジットカードで決済することで、カード枠の現金化に使っているのでは、という指摘もある。

同社によると、メルカリでは以前から、記念硬貨など希少価値の高い硬貨や古い紙幣の取引は可能だった。その中で、二千円札や、穴の位置がずれた五円玉など、「現行の硬貨・紙幣でも希少価値の高いものを出品したい」というユーザーからの要望があり、今年の2月14日、現行紙幣の出品を可能にしたという。

だがその後「当社が当初想定していなかった、現金を額面以上で販売するという出品が行われ始めた」ため、トラブル防止のため4月22日、現行紙幣の出品を禁止。「利用規約で禁止しているマネーロンダリングをにつながる可能性がある」として出品を見つけ次第、順次削除しているという。

関連リンク

情報源:メルカリ、「現金出品」に対策 現行紙幣の出品を禁止 – ITmedia NEWS


中古品をはじめとしたさまざまな商品を個人間で売買するインターネットのサービス上で、1万円札などの現金が相次いで商品として出品されていることが24日、関係者への取材で分かった。急に現金が必要になったもののキャッシングサービスなどを利用できない人が、クレジットカードで決済することにより現金を手にしているとみられ、事実上の借金の手段になっている可能性があるという。

フリーマーケット(フリマ)アプリ「メルカリ」では、先週後半から「福沢諭吉 旧一万円札」などとして現行の紙幣や貨幣が額面以上の価格で出品され、実際に売買されていたことが判明。運営事業者は、マネーロンダリング(資金洗浄)に利用されている可能性もあるなどとして、22日から現行紙幣や貨幣の売買を例外なく禁止した。

オークションサイト「ヤフオク」を運営するヤフーも24日、紙幣の番号が珍しいものなどコレクション価値の高い紙幣などを除いて売買を原則禁止する方針を発表。出品された商品の削除を始めた。楽天のフリマアプリ「ラクマ」「フリル」は、現行紙幣などの取引を禁止している。

金融庁は「貸金業法に違反する可能性もある」として注視していくという。

情報源:ネットに「現金」出品相次ぐ 資金洗浄に利用の恐れ:イザ!


個人同士がインターネット上でフリーマーケットのように物品を売買するスマートフォンの人気アプリ「メルカリ」に1万円札など現金の出品が相次ぎ、運営会社のメルカリ(東京都港区)が利用規約に反するとして出品を禁止し、削除していることが24日、分かった。

額面以上の価格で売買が成立したケースもあり、メルカリの担当者は「クレジットカードで決済することでショッピング枠の現金化を狙ったのではないか。トラブルを防ぐためにも現金は出品しないでほしい」と話している。

メルカリでは、もともと古い紙幣や記念硬貨などは出品することができたが、利用者から「穴の位置がずれた硬貨」など珍しいものを出したいとの要望があり、今年2月中旬から現行の紙幣や硬貨でも出品を可能にしていた。

しかし、通常の紙幣や硬貨の出品が続き、22日から古い紙幣や記念硬貨などを除いて出品を禁止した。「本物 1万円札」「即日発送可」などの説明で、現行とみられる1万円札1枚が1万3000円で出品されたケースもあった。

情報源:「メルカリ」で1万円札が1万3000円で出品される…相次ぐ状況で出品禁止に – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)


個人同士がインターネット上でフリーマーケットのように物品を売買するスマートフォンの人気アプリ「メルカリ」に1万円札など現金の出品が相次ぎ、運営会社のメルカリ(東京都港区)が利用規約に反するとして出品を禁止し、削除していることが24日、分かった。

額面以上の価格で売買が成立したケースもあり、メルカリの担当者は「クレジットカードで決済することでショッピング枠の現金化を狙ったのではないか。トラブルを防ぐためにも現金は出品しないでほしい」と話している。

情報源:メルカリ、現金出品を禁止 | ロイター


衣類など個人間取引の「フリマアプリ」を手掛けるメルカリ(東京・港)は、現在流通する紙幣をフリマアプリで出品する行為を禁止した。カード会社が禁止するカードのショッピング枠で現金を購入するといったトラブルにつながる恐れがあるため。出品された現金は見つけ次第、運営者が削除するという。

カード会社はショッピング枠とキャッシング枠の融通を通常は禁止している。メルカリでの購入はショッピング枠を使う。メルカリで現金を購入すれば、キャッシング枠を使い切った人でも現金を入手できる事態が予想されたため、今回の措置に踏み切った。

同社は従来貨幣の出品を禁止していたが、流通数が少ない2千円札や製造過程で誤りがあった貨幣などを売買したいという声を受け、2月に規約を変更していた。ネット上などで問題があるのではないかという指摘があり、改めて対策を強化する。

情報源: 現金のフリマ出品に禁止 メルカリ、見つけ次第削除  :日本経済新聞

今度は、チャージ済みのSUICAが出品されているらしいぞ。