3億円余強奪 被害男性は当日に限り1人で現金運搬 | NHKニュース

ハァ?


20日、福岡市で貴金属販売会社の男性が現金3億8000万円余りを奪われた事件で、男性はふだん多額の現金を運ぶ際は社員2人で対応するようにしていましたが、事件当日に限っては1人で運んでいたことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、1人のところを狙われた可能性もあると見て、詳しい状況を調べています。

20日、福岡市中央区天神のみずほ銀行福岡支店前の駐車場で、東京の貴金属販売会社の男性社員がスプレーのようなものを顔に吹きつけられ、引き出したばかりの現金3億8000万円余りが入ったスーツケースを2人組の男に奪われました。男らは車で逃走し、警察は強盗傷害事件として捜査しています。

これまでの警察の調べで、被害者の男性が「ふだん、取引のため多額の現金を運ぶ際には社員2人で対応するようにしていた」と説明していることが、捜査関係者への取材でわかりました。

事件当日に限っては1人で運んでいたところを襲われたほか、警察によりますと、犯人の男らは現場の駐車場で待ち伏せしていたと見られるということです。

警察は、男性が1人のところを狙われた可能性もあると見て、当日の詳しい状況を調べています。

情報源: 3億円余強奪 被害男性は当日に限り1人で現金運搬 | NHKニュース

なぜ?