福岡 3億8000万円余強奪 周到に計画された犯行か | NHKニュース

ふむ・・・


20日、福岡市で貴金属販売会社の社員が現金3億8000万円余りを奪われた事件で、被害者の男性は、現場の駐車場で顔にスプレーを吹きつけられ、抵抗する間もなく現金を奪われた可能性があることが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は周到に計画された犯行と見て調べています。

20日昼すぎ、福岡市中央区天神の、みずほ銀行福岡支店前の駐車場で、東京の貴金属販売会社の男性社員が、引き出したばかりの現金3億8000万円余りをスーツケースごと2人組の男に奪われ、警察は強盗傷害事件として捜査しています。

警察の調べによりますと、被害者の男性は、駐車場に止めた車の後部座席に現金を積み込もうとしているときに、後ろから突然顔にスプレーを吹きつけられて、けがをしています。

その後の調べで、現場の駐車場には目立った遺留品が残されておらず、抵抗する間もなく現金を奪われた可能性があることが、捜査関係者への取材でわかりました。

男性はその後、追いかけたものの、犯人が乗ったワゴン車は逃走し、今も見つかっていません。

警察は、役割分担をするなど周到に計画された犯行と見て調べています。

空港から持ち出そうとした現金とは帯封が異なる

一方、この事件と同じ日に、福岡空港から7億円余りの現金を無許可で国外に持ち出そうとしたとして、関税法違反の疑いで逮捕された韓国人の男4人について、警察が調べたところ、4人が持っていた7億円余りの紙幣を束ねる帯封は、銀行近くで奪われた3億8000万円のものと異なっていたということです。

紙幣からは被害者の男性の指紋が検出されなかったということで、警察は、2つの事件の現金は別のものと見て調べています。

警察によりますと、4人は強盗傷害事件に関与していないと話しているということです。

犯人が乗ったワゴン車か 防犯カメラに

現場から南東に1キロほどの、大通りから外れた道路沿いに設置された防犯カメラの映像では、事件から5分後の20日午後0時半ごろ、白いワゴン車が方角にして西から東へ走る様子が映っています。

犯人の男らが乗ったワゴン車と見られ、直前で停止しようとしたタクシーを大きくよけたあと、ほかの車より早いスピードで通り過ぎていくのがわかります。

金の取り引き「個人客に対しては現金」

東京・上野で貴金属店を営む池上厚司さんは、今回、金の取り引きで現金が使われたことについて、「法人どうしのやり取りであれば振り込みで行うが、個人客に対しては現金でないと取り引きが成り立たない。取り引きの性質上、あとで振り込むと言っても、お客さんに信用してもらえない」と話しています。

そのうえで、「金の値段は12年ほど前は1グラム1000円ぐらいだったが、今は4900円ぐらいで、4倍から5倍に上がっている。紙幣に比べて、金は現物で世界共通の価値があるため、その意味でも、金を買う人がいるのだと思う」と述べています。

貴金属店が多く集まる池上さんの店の周辺では、このところ事件が相次いでいるということで、「正直怖いと思っていて、仕事どころではないと感じている」と話していました。

情報源: 福岡 3億8000万円余強奪 周到に計画された犯行か | NHKニュース

ハァ・・・