10歳未満の男児が脳死で臓器提供へ 15歳未満の脳死判定は13例目

ほぉ・・・


埼玉県内の病院で治療を受けていた10歳未満の男の子が、21日夜、脳死と判定され、臓器の提供に向けた準備が進められています。
日本臓器移植ネットワークによりますと、脳死と判定されたのは、頭にけがをして埼玉県内の病院で治療を受けていた、6歳以上10歳未満の男の子です。

家族が20日に脳死段階での臓器提供の意向を伝え、21日午後7時すぎ、脳死と判定されました。

家族は「息子から生きる意味を学び、そして『生きたい』と思う意志を強く感じ、家族で話し合った結果、臓器提供を決断しました。思いやりのある優しい子で、勉強も運動も1番を目指す自慢の息子です。たくさんの方々に愛され、まぶしいほどきらきらしていた息子が、どこかで誰かの未来のために役立ち、ともに生きていけることを、私たちは誇りに思います」と話しているということです。

提供された臓器は、心臓が、国立循環器病研究センターで10代の男の子に、肺が、福岡大学病院と東京大学医学部附属病院でそれぞれ50代の女性に、肝臓が、国立成育医療研究センターで10歳未満の女の子に、すい臓と片方の腎臓が、藤田保健衛生大学病院で30代女性に、もう片方の腎臓が、防衛医科大学校病院で60代男性に移植される予定です。

7年前に改正臓器移植法が施行されて以降、脳死と判定されて臓器を提供する15歳未満の子どもは13人目です。

情報源:10歳未満の男児が脳死判定で臓器提供へ 埼玉の病院 | NHKニュース


日本臓器移植ネットワークは22日、埼玉医大総合医療センターに入院していた6歳以上10歳未満の男児が、21日午後7時22分に臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。15歳未満の脳死判定は2010年の改正臓器移植法施行後、13例目。

男児は、頭部の外傷で入院。主治医から回復が難しいとの説明を受け、家族が20日に臓器提供を承諾し、21日に脳死と判定された。臓器移植ネットワークによると、家族は「息子から生きる意味を学び、そして生きたいと思う意志を強く感じ、家族で話し合い決断した」と話しているという。

肺は福岡大病院と東大病院でいずれも50代女性に、肝臓は国立成育医療研究センターで10歳未満の女児に、膵臓(すいぞう)と片方の腎臓は藤田保健衛生大病院で30代女性に、もう片方の腎臓は防衛医大病院で60代男性に、それぞれ移植される。小腸は医学的な理由で移植を断念した。

情報源:埼玉で男児脳死判定 肺など提供、15歳未満は13例目  :日本経済新聞


日本臓器移植ネットワークは22日、埼玉医科大総合医療センターに頭部外傷で入院中の6歳以上10歳未満の男児が21日午後7時22分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。15歳未満の脳死判定は13例目。

移植ネットによると、男児の心臓は国立循環器病研究センターで10代男性に、肺は福岡大病院と東大病院でそれぞれ50代女性に、肝臓は国立成育医療研究センターで10歳未満の女児に、膵臓と腎臓は藤田保健衛生大病院で30代女性に、もう片方の腎臓は防衛医大病院で60代男性にそれぞれ移植される予定。家族は小腸の提供にも承諾していたが、医学的理由で断念された。

男児は20日午後、提供施設で「脳死とされる状態」と判断された。両親が臓器提供について説明を希望したため、移植ネットと都道府県のコーディネーターが病院に行き説明。両親ら6人の総意で提供を決断した。18歳未満の子供は虐待が確認された場合は臓器提供ができないが、移植ネットは「虐待がないことを確認した」としている。

家族は移植ネットを通じ「息子から生きる意味を学び、そして生きたいと思う意志を強く感じ、家族で話し合った結果、臓器提供を決断しました。思いやりのある優しい子で、勉強も運動も一番をめざす自慢の息子です。たくさんの方々に愛され、まぶしいほどキラキラしていた息子が、どこかで誰かの未来のために役立ち、共に生きて行けることを私たちは誇りに思います」と話した。

情報源: 10歳未満の男児が脳死で臓器提供へ 15歳未満の脳死判定は13例目(1/2ページ) – 産経ニュース


へぇ・・・