違法な長時間労働、厚労省が電通社長を任意聴取 TBS NEWS

ふむ・・・


大手広告会社の電通が社員に違法な長時間労働をさせていた事件で、厚生労働省が20日、社長から任意で事情を聴いていたことがわかりました。

電通をめぐっては、おととし、新入社員の高橋まつりさん(当時24)が長時間労働による過労で自殺し、厚生労働省は去年、東京の本社や大阪の支社などに強制捜査に入り、会社と幹部1人を書類送検しています。

関係者によりますと、厚労省は20日、電通の山本敏博社長から任意で事情を聴き、社員の長時間労働に対する認識などを確認したものとみられます。厚労省は、電通が大阪や名古屋などの支社でも、社員に違法な長時間労働をさせていた疑いが強まったとして、近く支社の幹部と会社を書類送検する方針で、前例のない規模で行われた捜査は終結する見通しです。

情報源: 違法な長時間労働、厚労省が電通社長を任意聴取 TBS NEWS

ほぉ・・・