アマゾン 生鮮食品を最短4時間で配達 都内で開始

ふむ・・・


アマゾンジャパンが始めた生鮮食品の配送サービス=神奈川県川崎市(同社提供)

アマゾンジャパン(東京)は21日、生鮮食品の配送サービス「アマゾンフレッシュ」を始めた。肉、魚、野菜など10万点以上を取り扱い、注文から最短4時間で届ける。東京都の港、千代田、中央、江東、墨田、江戸川の6区で始め、順次拡大する。アマゾンの参入によりインターネットで注文を受け付けて食品などを配送する「ネットスーパー」市場の競争が激化しそうだ。

生鮮食品の配送は米英に次ぎ3カ国目。プライム会員(年会費3900円)向けで、月500円の利用料を払えば、何度でも注文できる。利用開始から30日間は無料でサービスを提供する。

配達時間は午前8時~翌日午前0時で、2時間単位で指定できる。正午までに注文すると、最速で午後4時に商品を受け取れる。注文額が6000円未満の場合、別途500円の配送料が必要。(2017/04/21-05:14)

情報源:生鮮食品、最短4時間で配送=都内6区で開始-アマゾン:時事ドットコム


ネット通販大手の「アマゾン」は、野菜や肉などの生鮮食品を最短4時間で配達するサービスを21日から都内でスタートさせ、すでにネットスーパーを手がけている流通大手などとの競争が激しくなりそうです。

ネット通販大手のアマゾンが21日朝から始めたのは、生鮮食品を配達する「アマゾンフレッシュ」で、世界ではアメリカ、イギリスに続いて3か国目となります。

新たなサービスは年間3900円の有料会員で、さらに月額500円の会費が必要となりますが、野菜や肉、果物など1万7000点を超える生鮮食品を扱うとしています。

配達エリアは港区、江東区、江戸川区など東京都内の6つの区で、今後、順次拡大していく方針で、料金は1回500円、6000円以上購入すると無料で利用できるということです。

ヤマト運輸など、大手宅配会社でドライバー不足が深刻化する中、配達は中小の事業者に委託し注文から最短4時間で届けるとしています。

アマゾンは今月18日から東京23区など一部の地域で、デパートの総菜やドラッグストアの化粧品などを配達するサービスを始めていて、今回のサービス拡充ですでにネットスーパーを手がけている流通大手などとの競争が激しくなりそうです。

情報源: アマゾン 生鮮食品を最短4時間で配達 都内で開始 | NHKニュース


ハァ・・・