広島城のものとみられる木材発見|NHK 広島のニュース

ほぉ・・・


原爆で倒壊し木材はほぼすべてが失われたと思われていた広島城のものとみられる装飾用の木の板がみつかり、当時の姿を伝える貴重な発見だとして注目を集めています。

発見されたのは縦35メートル、横40メートルほどの「懸魚」と呼ばれる屋根につける飾りの板です。

板は2枚あり、六角形の飾りがついていた痕が残っているほか、雨や風で削られていて、長い年月、使われていたことがわかります。

これは、広島市南区の一般の住宅で「広島城のもの」として保管されていたもので、寄贈を受けた広島大学の総合博物館が分析し、保管の経緯や板の状態から広島城で使われていた可能性が高いとしています。

広島城は戦国時代に築城され、天守閣は昭和6年に、当時、国内に現存する最古のものとして国宝に指定されるなど広島市を象徴する建築物でした。

しかし倒壊したあと、広島城の木材は混乱の中で市民の燃料などとして使われたため、広島城のものとみられる木材は未確認のものがわずかに保管されている程度で、ほぼすべてが失われたとみられていました。

広島大学総合博物館の佐藤大規さんは「残っていないと思われていたので驚きだ。広島城の本来の姿を知る貴重な資料だ」と話していました。

情報源: 広島城のものとみられる木材発見|NHK 広島のニュース

へぇ・・・