テロ等準備罪新設法案に反対の人たちが国会前で抗議活動 | NHKニュース

ハァ・・・


共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案の実質的な審議が始まったことを受けて、法案に反対する人たちが国会前で抗議活動を行いました。

「テロ等準備罪」は、組織犯罪の防止を目的として、かつて廃案になった「共謀罪」の構成要件を改め、「組織的犯罪集団」が重大な犯罪を計画して準備行為をした場合などに処罰するもので、19日、衆議院法務委員会で実質的な審議が始まりました。

法案に反対する人たちは国会前で抗議活動を行い、主催した市民グループによりますと、およそ250人が参加しました。

この中で、海渡雄一弁護士は「過去に3回廃案になった法案を『テロ等準備罪』という偽りの名前をつけて審議に入ったことに、心の底から抗議したい」と訴えました。

参加した人たちは、「共謀罪NO(ノー)」と書かれた横断幕などを掲げ、法案を廃案にするよう声を上げました。

集会に参加した60代の男性は「法案が処罰対象としている277の犯罪の中には、テロ対策に関係ないと思えるものも含まれていて、成立を許すことはできない」と話していました。

労働組合に所属する50代の女性は「私たちが要求実現のために行う運動にも適用されるのではないかと心配しています。一般の市民には適用されないという政府の説明は、額面どおりに受け取れない」と話していました。

情報源: テロ等準備罪新設法案に反対の人たちが国会前で抗議活動 | NHKニュース

国防もできない政府はいらないんだよ。