トランプ氏「米国製品買い米国人雇おう」 大統領令署名

ふむ・・・


アメリカのトランプ大統領は18日、国内に雇用を取り戻す目的で「アメリカ製品を買い、アメリカ人を雇おう」と銘打った大統領令に署名しました。 「この大統領令で世界に強い意志を示します。この国の労働者と雇用を守り、ついに『アメリカ・ファースト』にするのです」(アメリカ トランプ大統領)

トランプ氏は18日、停滞している工業地帯「ラストベルト」の一部である中西部ウィスコンシン州で「アメリカ製品を買い、アメリカ人を雇おう」と題した大統領令に署名しました。

政府関連の事業における国産の製品や材料を使う方針を強化するほか、ロス商務長官のもとでこれまでの調達先の実態を調べます。また、移民の受け入れをめぐるルールの厳格な運用を政府部内に指示し、特に抽選で発給していた高度な専門職を対象にしたビザを審査方式に切り替え、アメリカ人の雇用を守るとしています。

この方針は、トランプ氏が選挙戦から強く唱え、支持の推進力になってきたものですが、大統領令による雇用への実際の波及効果は不透明です。(19日08:35)

情報源:トランプ氏「米国製品買い米国人雇おう」 大統領令署名|MBS 全国のニュース


米国製品の購入や米国民の雇用の拡大を促す大統領令を見せるドナルド・トランプ米大統領=18日、米ウィスコンシン州ケノーシャにある工具メーカー、スナップオン本社(AP)

【ワシントン=小雲規生】トランプ米大統領は18日、米国製品の購入や米国民の雇用の拡大を促す大統領令に署名した。連邦政府の調達物資などを米国製品に限定する既存の法律を厳格に運用することなどを求める内容。移民ビザ制度の運用も見直し、低賃金で働く移民の抑制も目指す。

トランプ氏は署名にあわせてウィスコンシン州の工具メーカーを訪問。「『米国製』と刻印された製品を確実に増やすためにあらゆる手段を取る」と述べた。

またトランプ氏は「医療保険(制度改革の改廃)で合意に至れば、税制改革はより良いものになる」と述べ、3月に断念した医療保険制度改革(オバマケア)改廃を改めて優先課題と位置づける考えを示した。

情報源:トランプ氏が大統領令に署名 米国製品を後押し:イザ!


4月18日、トランプ米大統領は、専門技能を持つ外国人向け査証(ビザ)「H─1B」の審査を厳格化する大統領令に署名した。大統領が掲げる「米国第一主義」を推進することが狙い。10日撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

[ケノーシャ(米ウィスコンシン州) 18日 ロイター] – トランプ米大統領は18日、専門技能を持つ外国人向けの査証(ビザ)「H─1B」の審査を厳格化する大統領令に署名した。大統領が掲げる「米国第一主義」を推進することが狙い。

大統領はまた、米国企業を優先する連邦政府の調達ルールの見直しも指示した。特に鉄鋼業界などに実際に恩恵をもたらしているかどうかを見極める。

大統領の側近によると、H─1Bビザについては、より技能の高い外国人労働者が対象となるよう審査方法を現在の抽選から能力ベースに変更することなどが狙い。

同ビザを巡ってはその多くが給与水準の低いインド系アウトソーシング企業の社員向けに発給されているとして、米国民の雇用を奪い賃金を押し下げているとの批判がある。

H─1Bビザの年間取得者数はインド人が最多。審査方法変更はインドのタタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)(TCS.NS)やインフォシス(INFY.NS)、米コグニザント・テクノロジー・ソリューションズ(CTSH.O)などシリコンバレーと外国人エンジニアやプログラマーを結び付けている企業に影響が及ぶ可能性がある。

トランプ氏は大統領令の発表に際し「H─1Bビザは現在、無作為の抽選で発給されている。これは間違いだ。技能と給与水準が最も高い申請者に与えられるべきで、米国民の代わりのために使用されるべきではない」と語った。

情報源:トランプ氏、米国民の雇用促す大統領令に署名 査証審査を厳格化 | ロイター


【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は18日、中西部ウィスコンシン州で演説し「米国製品を買い、米国人を雇う約束を守るために力強い措置をとる」と述べた。専門技能を持つ外国人向けの査証(ビザ)「H1B」の審査を厳格化するなどの意向を示し「より多くの製品に『米国製』の印をつけるために全力を尽くす」と強調した。

大統領令に署名する前に演説するトランプ大統領(米ウィスコンシン州)=ロイター

トランプ氏は演説で、世界貿易機関(WTO)や北米自由貿易協定(NAFTA)を「厄災だ」と非難。ウィスコンシン州の農家にとって、カナダとの乳製品の貿易は「不公平だ」と指摘するなど、自由貿易に反対する姿勢を強調した。

トランプ氏は演説後、査証の審査見直しに関する大統領令に署名した。

情報源:トランプ氏「米国人雇う」大統領令 査証審査を厳格化 (写真=ロイター) :日本経済新聞


アメリカのトランプ大統領は18日、国内に雇用を取り戻す目的で「アメリカ製品を買い、アメリカ人を雇おう」と銘打った大統領令に署名しました。

「この大統領令で世界に強い意志を示します。この国の労働者と雇用を守り、ついに『アメリカ・ファースト』にするのです」(アメリカ トランプ大統領)

トランプ氏は18日、停滞している工業地帯「ラストベルト」の一部である中西部ウィスコンシン州で「アメリカ製品を買い、アメリカ人を雇おう」と題した大統領令に署名しました。

政府関連の事業における国産の製品や材料を使う方針を強化するほか、ロス商務長官のもとでこれまでの調達先の実態を調べます。また、移民の受け入れをめぐるルールの厳格な運用を政府部内に指示し、特に抽選で発給していた高度な専門職を対象にしたビザを審査方式に切り替え、アメリカ人の雇用を守るとしています。

この方針は、トランプ氏が選挙戦から強く唱え、支持の推進力になってきたものですが、大統領令による雇用への実際の波及効果は不透明です。

情報源: トランプ氏「米国製品買い米国人雇おう」 大統領令署名 TBS NEWS