岸田外相 北朝鮮問題は外交を通じた解決が基本 | NHKニュース

ふむ・・・


岸田外務大臣は、北朝鮮情勢をめぐり、アメリカのペンス副大統領が安倍総理大臣との会談で「平和は力によってもたらされる」と述べたことについて、抑止力という点で評価する一方、外交を通じた解決が基本だという姿勢を強調しました。

アメリカのペンス副大統領は18日に安倍総理大臣と会談し、「平和は力によってもたらされる」と述べ、挑発行動を続ける北朝鮮に対し、強い表現で警告を送りました。

これについて、岸田外務大臣は19日の衆議院外務委員会で、「アメリカの北朝鮮政策見直しの姿勢の一端を表現した発言だと承知している。あらゆるオプションが遡上(そじょう)に上るという姿勢は、抑止力という意味ではわが国は評価している」と述べました。

そのうえで、岸田大臣は「ただ、外交を通じて平和を守ることが基本だということも、しっかり確認しておかなければならない。その中で、日米の政策のすり合わせが重要になってくる」と述べ、アメリカとの緊密な意思疎通が必要だという認識を示しました。

また、岸田大臣は、有事の際の拉致被害者らの安全確保について、「アメリカとの協力が重要だ。アメリカには、拉致被害者の情報を提供したうえで、安全が脅かされる事態になった際の安全確保への協力を要請している」と述べました。

情報源: 岸田外相 北朝鮮問題は外交を通じた解決が基本 | NHKニュース

へぇ・・・