踏切に入ってから約45秒で事故か 川崎2人死亡踏切事故 | NHKニュース

ボタンは間に合わなかったのかね・・・


川崎市の京浜急行の踏切で2人が電車にはねられ死亡した事故で、高齢の男性が踏切内に入ってからおよそ45秒間で事故が起きていたことが警察への取材でわかりました。警察は、横浜市の銀行員の男性が電車が接近する中、高齢者を救出しようとして事故に巻き込まれたと見て、当時の状況を調べています。

15日朝、川崎市川崎区の京浜急行の踏切で、川崎市の77歳と見られる男性と横浜市鶴見区に住む横浜銀行の人財部主任人事役、児玉征史さん(52)が、電車にはねられ死亡しました。

これまでの調べで、高齢の男性が踏切に入ったあと、児玉さんが遮断機をくぐって入り、高齢の男性を救出しようとしたと見られています。

その後の調べで、防犯カメラの映像などから、高齢の男性が踏切の中に入ってからおよそ45秒間で事故が起きていたことが警察への取材でわかりました。

高齢の男性は、電車の接近を知らせる警報音が鳴ってから踏切に立ち入り、その後、遮断機がおりたあと、児玉さんが声を出しながら手招きして踏切内に入り、高齢の男性を連れ出そうとしていたということです。

警察は、児玉さんが電車が接近するまでの短時間に高齢の男性を救出しようとして事故に巻き込まれたと見て、当時の状況を調べています。

情報源: 踏切に入ってから約45秒で事故か 川崎2人死亡踏切事故 | NHKニュース

電車の利用者や会社に迷惑がかかるとか考えたのかな・・・