女児殺害遺棄事件 衣服など処分後に遺体を遺棄か | NHKニュース

ふむ・・・


先月、千葉県松戸市の小学3年生の女の子が殺害された事件で、逮捕された学校の保護者会の会長のものと見られる車が、女の子が行方不明になった日の夜以降、衣服などが捨てられた河川敷の周辺を通ったあと、遺体が遺棄された現場の周辺を走っていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は、衣服などを処分してから遺体を遺棄した疑いがあると見て調べています。

先月26日、千葉県我孫子市の排水路脇で、松戸市の小学3年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が殺害されているのが見つかり、警察は、小学校の保護者会の会長、澁谷恭正容疑者(46)を女の子の遺体を遺棄した疑いで逮捕しました。

調べに対し、黙秘しているということです。

これまでの調べで、女の子が着ていたと見られる衣服などが、茨城県坂東市の利根川の河川敷で見つかっていますが、その後の調べで、女の子が行方不明になった先月24日の夜以降、澁谷容疑者の軽乗用車と見られる車が、この河川敷の周辺を通ったあと、遺体が遺棄された現場の周辺を走っていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。

これまでの調べで、澁谷容疑者のものと見られる車が、その日の深夜に、遺体の遺棄現場近くのガソリンスタンドに立ち寄っていたこともわかっています。

警察は、衣服などを処分してから遺体を遺棄した疑いがあると見て調べています。

情報源: 女児殺害遺棄事件 衣服など処分後に遺体を遺棄か | NHKニュース

はぁ・・・