ラルクの東京ドーム公演 hydeがまったく見えない席の満足度:イザ!

ふむ・・・


人気グループやアーティストのコンサートでは、チケット完売後に増設された席の追加販売が行われることがある。「制作解放席」「機材解放席」などと呼ばれ、ステージを見るのに死角が発生することを明記した上で販売されるチケットだ。ところが、L’Arc-en-Ciel(ラルクアンシエル)が4月5日に発売した「ステージバック席」は、ステージの裏側の何も見えない場所だと明記されていたため大きな注目を集めた。

「見えづらい席が販売されるのはよくあることだけれど」というのは、都内の女子大学生。一年に何度も、自分や友人が好きなアイドルのコンサートへ行くためにファンクラブに入っている。

「私が行ったことがあるコンサートにも『制作解放席』が発売されることがあります。確かにステージ全体は見づらいですが、たいてい会場には大きなスクリーンが用意されています。それに、出演者が気を遣って近くに来る回数を増やしてくれたり、手を振ったり声をかけてくれる。だから、かえってお得かもしれないと言われています。でも、ステージがまったく見えない上に、モニター映像を見ることもできない席は想像がつかないです」

制作解放席、機材解放席などの名前で売られる追加席は、東京ドームやさいたまスーパーアリーナ、横浜スタジアムなど、ふだん劇場として使われない場所でコンサートが行われるときに販売される。ステージの左右に設置されることが多く、舞台上が見切れるため「見切れ席」と呼ばれることもある。

ステージに対して死角が発生する席は、嵐やAKBグループ、ラブライブ!やEXILEなど、いずれもチケット入手が困難な人気アーティストのコンサートでしか見られない現象だ。とはいえ、どのコンサート会場もスクリーンが設置され、場内を練り歩くような花道があり、死角に対して演者がサービスすることで知られているためファンも代わりの楽しみを見いだして購入している。

しかし、今回販売されたL’Arc-en-Cielのバンド結成25周年を記念したアニバーサリーライブ「25th L’Anniversary LIVE」のステージ裏側の何も見えない席は、見えない代わりの何かが分かりづらい。それでも、やはりライブは会場で見たいという声が大きいことから見えない席の追加発売が決まった。2008年、2012年の海外公演も現地で楽しんだというL’Arc-en-Cielファンの40代女性はいう。

「当たり前のことだと思うけど、ライブって、見えているモノを楽しむだけじゃない。その場所と時間を共有することで起きる何かがとても大事なんです。今回も映画館でライブビューイングがあって、そこもファンが集まるから楽しいけれど、やっぱり会場で、ライブで体験するものとは違う。見えない席であっても、絶対にライブの場所にいたい気持ちはとてもよくわかります」

とはいえ、さすがに「まったく見えない」今回のケースは不満が出るのではないかと予想されたが、8日と9日、東京ドームでのライブが終わったてみると、ステージバック席だったという客からは不満の声がほとんど聞こえてこなかった。

当日券としてステージの一部が見切れるウイング席の発売が決まり、そちらに振り返ることも可能だったが、そのままステージの裏側で楽しんだ人も少なくなかった。

逆に、ステージの真裏だったためどの席よりもステージに近く、演出のために飛ばされる車型バルーンが自分たちのそばから場内へと旅立つところを身近で見ることができるエリアとなっていた。普通ではあり得ない体験ができたこともあって、「後ろ姿が透けて見える」「アリーナ席よりもステージに近い」「ステージ端からhydeさん手を振ってくれた」などファンのノリも良く忘れられないライブになったと満足度が高いほどだ。

ステージがまったく見えない席は今回が初めてではなく以前も存在したと、ライブハウスやコンサートに通い続けている飲食店を経営する50代男性はいう。

「1990年にローリング・ストーンズが初来日したときに『見えない席』がありました。東京ドームで10日間も公演があったけど、とにかくチケットが取れなかった。1973年の幻の初来日から約20年、もう二度と来日公演はないかもしれないという噂もあって、見えなくてもいいから売ってくれという声に応える形で売られた席は、本当に何も見えなかった。場所がよければ一部は見えたようですが、運次第でした。当時はドームでのコンサートに慣れていない時代だったから、きっと音もよくなかったと思う。でも、僕らは大満足だったんです」

L’Arc-en-Cielも、コンサートそのものが約1年半ぶり。次のコンサートツアーの発表もないことから、次はいつ、どこでライブが見られるかわからない。二度と見られないかもしれないという恐れはないだろうが、ファンのライブに対する飢餓感が、約25年前のローリング・ストーンズ初来日時と同じような心境にさせ、ステージバック席でも満足させたのかもしれない。

情報源: ラルクの東京ドーム公演 hydeがまったく見えない席の満足度:イザ!

へぇ・・・