神社に液体 中国人の女2人 動作素早く周囲は気付かず | NHKニュース

えぇ・・・


東京の明治神宮の鳥居などに油のような液体をまいたとして、すでに出国した中国人の女2人が指名手配された事件で、2人が液体をまいたのは日中だったものの、動作が素早く、ほかの参拝者が気付いていなかったことが警視庁への取材でわかりました。警視庁はあらかじめ計画をして瞬時に液体をかけたと見て調べています。

この事件で、警視庁は、いずれも中国人ですでに出国した、朴今玉容疑者(49)と朴善愛容疑者(49)の2人が、今月3日、東京の明治神宮の境内にある門や大鳥居など4か所で油のような液体をかけたとして、建造物損壊と器物損壊の疑いで逮捕状を取り、全国に指名手配しました。

これまでの調べで、2人は午前9時半ごろからの1時間半の間に、15回にわたって液体をかけていたということですが、動作が素早く、当時、境内にいたほかの参拝者は気付いていなかったことが警視庁への取材でわかりました。中には、十字架のような形に液体がまかれたところもあったということです。

警視庁は、2人があらかじめ計画をして、瞬時に液体をかけたと見て調べています。

同様の被害は、今月に入って都内では港区の増上寺でも確認されていて、警視庁は2人がこの時期に都内に滞在していたと見られることから、事件に関わった疑いもあると見て捜査を進めています。

明治神宮「とても残念」

中国人2人が指名手配されたことについて、明治神宮は「大勢の外国人がマナーを守って参拝している中、中国人2人に疑いがかけられていることは、とても残念です。引き続き、捜査には協力して参ります」とコメントしています。

明治神宮参拝者「理解できない」

中国人2人が指名手配されたことについて、毎週、出勤前に参拝しているという60歳の会社員の男性は、「手配された2人にどういう意図があったのか、なかなか理解できず残念です。参拝に訪れている外国人のためにも、やめてもらいたいです」と話していました。京都から就職活動で東京に来て、参拝に訪れていた21歳の女子大学生は、「参拝する人が減ってしまうのではないかと心配です。指名手配された2人を早く逮捕してもらいたいです」と話していました。

情報源: 神社に液体 中国人の女2人 動作素早く周囲は気付かず | NHKニュース

意味が分からん。