女児殺害 現場周辺の防犯カメラに容疑者のものと見られる車 | NHKニュース

ほぉ・・・


先月、千葉県我孫子市で、小学3年生の女の子が殺害されているのが見つかり、学校の保護者会の会長が遺体を遺棄した疑いで、14日、逮捕された事件で、遺体や衣服などが発見された2つの現場の周辺で、男のものと見られる車が防犯カメラに映っていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は、遺体や衣服などを遺棄する際に車を使ったと見て、調べています。

先月26日、千葉県我孫子市の排水路脇で、松戸市の小学3年生で、ベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が殺害されているのが見つかり、警察は14日、女の子が通っていた小学校の保護者会の会長で、自称、不動産賃貸業、澁谷恭正容疑者(46)を女の子の遺体を遺棄した疑いで逮捕しました。

調べに対し、黙秘しているということです。

これまでの調べで、現場の遺留物のDNAの型が、澁谷容疑者のものと一致したということです。

その後の調べで、女の子の遺体が発見された我孫子市の現場と、女の子のランドセルや身に着けていたと見られる衣服などが見つかった茨城県坂東市の利根川の河川敷の2つの現場の周辺で、澁谷容疑者のものと見られる車が、防犯カメラに映っていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。

警察は14日、澁谷容疑者が所有する車2台を押収していて、女の子の遺体や衣服などを遺棄する際に車を使ったと見て、足取りなどを調べています。

容疑者が会長の保護者会が緊急役員会

女の子が通っていた千葉県松戸市の六実第二小学校では14日、逮捕された澁谷恭正容疑者(46)が会長を務めている保護者会の緊急の役員会が開かれました。

学校側の説明によりますと、役員会には十数人の役員が出席し、この中で保護者会の会長が逮捕されたことに、全員が大きなショックを受けた様子だったということです。

役員会では、子どもたちが受けたショックは、さらに大きいことから、今後、安心して学校生活を送るには、どのような取り組みを進めるべきかについて意見を交わしたということです。

情報源: 女児殺害 現場周辺の防犯カメラに容疑者のものと見られる車 | NHKニュース

ふむ。