樹齢150年のしだれ桜見頃|NHK 広島のニュース

ほぉ・・・


庄原市の寺の境内で、樹齢150年余りとされるしだれ桜が見頃を迎えています。

庄原市西城町にある桜の名所として知られる蓮照寺の境内には、樹齢150年余りとされるしだれ桜が植えられていて、見頃を迎えています。

しだれ桜は10メートルほどの高さがあり、四方に広がる枝に花が咲くとドームのように見えるのが特徴で本堂の横で優雅に咲き誇る姿を見ようと毎年、多くの人たちが訪れます。

例年より1週間ほど遅い今月12日ごろから咲き始め、14日はほぼ満開となり、垂れ下がった枝からは花が降り注ぐように咲き、訪れた人たちは思い思いに写真を撮ったり、眺めたりして楽しんでいました。

東広島市から訪れた男性は「心が洗われるようです。古くからある桜で枝ぶりがとてもきれいだと思います」と話していました。

また岡山県倉敷市から訪れた男性は「天気もよく、きれいに見えてよかったです。こんなに大きい桜は初めて見たので驚きました」と話していました。

情報源: 樹齢150年のしだれ桜見頃|NHK 広島のニュース

家の近くにも、しだれ桜があるがな。