10人組アイドル「民謡ガールズ」 平均年齢12歳 4代で民謡一家も 歌唱力に定評もアイドル魂は全開!:イザ!

ほぉ・・・


和のなかにポップな雰囲気のある衣装で元気を届ける10人組アイドル「民謡ガールズ」

【アイドル発見】「民謡ガールズ」(上)

平均年齢12歳! 全国から集まった若さはじける女の子たちが和風衣装で民謡を歌う10人組グループ「民謡ガールズ」。メンバーの多くが幼少時から民謡を習っており、歌唱力には定評がある。最近はポップでカワイイ振り付けをステージに取り入れるなどアイドル魂は全開だ。(昌林龍一)

和のなかにポップな雰囲気のある衣装で元気を届ける10人組アイドル「民謡ガールズ」

■先輩に水森かおり

「お花大好き! おにぎり大好き! みんなから『天然』とよばれています。ゆうちゃん、って呼んでください!」

ゆうあ(11、埼玉)はステージで口火を切った。

メンバーはほかに、みき(15、東京)、かこ(13、奈良)、ゆとり(12、神奈川)、ふうか(12、千葉、リーダー)、みやび(11、群馬)、まつり(10、北海道)、りお(11、大阪)。2月19日に開催した「長良グループ 演歌まつり2017」(東京公演)から、いずみ(12、千葉)と、みのり(11、東京)が加入。現在は10人体制だ。

同じ長良グループに水森かおりや氷川きよしなど人気歌手がいる。同グループの「長良マネジメント」が、日本の伝統文化である民謡でアイドル界に進出しようと企画し、平成28年7月にデビューを果たした。

和のなかにポップな雰囲気のある衣装で元気を届ける10人組アイドル「民謡ガールズ」

■先生はおばあちゃん

メンバーの多くがグループ結成前から民謡に関わっており、アイドル活動するにあたって、しっかりとした下地ができていた。

ゆうあは、民謡好き一家に育った。

「私の民謡の先生は、おばあちゃん。ひいおばあちゃん、お母さんも民謡を習っていて、親子4代で民謡が大好きです!」

他のメンバーも、民謡がきっかけで、グループに加入している。

「日本民謡協会の会報誌に出ていた募集を見て応募」(かこ)

「民謡の大会終わりにチラシをもらって気になって面接に行った」(ふうか)

「民謡の師匠の紹介で入りました」(まつり)

「民謡のお稽古の師匠から声をかけていただきました。初めてメンバーと会ったときは、小学3年生でした」(りお)

みやび、ゆとりは同じ長良グループの先輩歌手の歌がきっかけ。

「ティーンズカラオケ大会に出場し、水森かおり先輩の鳥取砂丘を歌いスカウトしていただきました」(みやび)

「山川豊先輩のナイアガラ・フォールズをティーンズカラオケ大会に歌わせていただき、審査員特別賞を受賞して民謡ガールズに入ることになりました」(ゆとり)

みきは、楽器を通じて民謡に縁がある。「三味線を弾きます。メンバーと年齢も離れているので不安でしたが」と、はにかんだ表情をみせた。

新加入の、みのりは、もともと女優志望だった。

「事務所の新人部門で演技の勉強をさせていただいていたのですが、その中でダンスや歌の練習もあって、踊ったりすることが好きでした。(メンバー入りの)声をかけていただいたので、こんなにいいチャンスはない! と加入を決断しました」

■ポップな中に「和」

民謡を歌うが、そこはアイドルらしい独自の振り付けをしている。まつりが、解説する。

「ソーラン節は漁師をイメージした振り付け。花笠音頭はロックだけどかわいい振り付け。会津磐梯山は、カッコよくてキレッキレの振り付け。竹田の子守唄は、とても静かでおしとやかな振り付け、おてもやんは女の子らしくてまねしたくなる振り付け」

民謡を中心にスタートしたが、2月の「長良グループ 演歌まつり2017」(東京公演)で、初のオリジナル楽曲を披露して本格的にアイドル路線を始動。伝統文化と現代文化を融合している。

「少し和風が入ったポップな曲にも挑戦させていただいています! 振り付けは民謡の曲はもちろん、ポップな曲にも和がはいっています!」(みのり)

4月29日には2枚目のミニアルバム「民謡ガールズII」をリリースする。

「2020年の東京オリ

ンピックに向けてジャパニーズカルチャーを世界へ…」(いずみ)と、メンバーは未来を見据える。(敬称略)

情報源: 10人組アイドル「民謡ガールズ」 平均年齢12歳 4代で民謡一家も 歌唱力に定評もアイドル魂は全開!:イザ!

へぇ・・・

民謡ガールズ – 長良グループ