【リコール】スズキ アルトラパン など50万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ | レスポンス(Response.jp)

先月もあったやん。


スズキは4月13日、『アルト ラパン』などのバックドアに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『アルト ラパン』『ソリオ』『イグニス』、三菱『デリカ D:2』の4車種で、2008年11月3日~2016年3月25日に製造された49万9765台。

バックドア・ダンパーステーのガス封入式バランサについて、外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、外筒が腐食するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、腐食が進行し、外筒が膨らみ、エンドキャップが割れ、リヤゲートを開く際に外筒が破裂し、最悪の場合、周囲の人が負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、ガス封入式バランサを対策品と交換する。

不具合および事故は起きていない。取引先からの情報により発見した。

情報源: 【リコール】スズキ アルトラパン など50万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ | レスポンス(Response.jp)


スズキ株式会社は、アルト ラパン、ソリオ、イグニスについて、下記のリコールを国土交通省に届け出いたしました。

ご愛用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

対象となるお客様には、お知らせのダイレクトメール、またはスズキ販売店等からご案内させていただきますので、お早めに最寄りのスズキ販売店へご連絡いただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

改善個所説明図

バックドアのガス封入式バランサにおいて、外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、外筒が腐食するものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、腐食が進行して封入されたガス圧により外筒が破損し、最悪の場合、バックドアを開く際に周囲の人が負傷するおそれがあります。

改善の内容

全車両、ガス封入式バランサを対策品と交換します。
識別:バックドアのドアラッチの横に赤色のシールを貼付します。
注:□は交換部品を示します。

情報源:アルト ラパン、ソリオ、イグニスのリコールについて|スズキ


なんかリコール多いな・・・