ユナイテッド航空機「オーバーブッキング」、警官が乗客をボコボコにして引きずり出す(動画)

企業として最悪。


アメリカ中西部シカゴの空港で、離陸前のユナイテッド航空機から、定員を超えたとして乗客の1人が無理やり引きずり降ろされる映像がインターネット上に投稿され、大手航空会社の手荒い対応に批判の声が上がっています。

アメリカ中西部シカゴにあるオヘア国際空港で、9日夜、ユナイテッド航空が、離陸を前にした国内線の航空機の定員が超えていることがわかったとして、すでに搭乗していた乗客たちに対し、ホテルの宿泊代などを支払う代わりに、別の便への振り替えに応じてくれる人を募りました。

しかし、誰も応じなかったことから、ユナイテッド航空は4人の乗客を任意に選んで飛行機から降りるよう求めたところ、男性1人が拒んだため、警察官を呼んで無理やり引きずり降ろしました。

別の乗客が撮影して、インターネット上に投稿した機内の映像では、乗客の男性が大声で叫んで抵抗する中、警察官が男性の両腕をつかんで機内の通路を引きずっていく様子が映っていて、周りの乗客たちも「ひどい」などと話しています。

その後、この男性は口などをけがした姿で、再び機内に戻りましたが、インターネット上の映像を見た人たちからは、大手航空会社の手荒い対応に批判の声が上がっています。

情報源:ユナイテッド航空 定員超過で乗客引きずり降ろす | NHKニュース


米ユナイテッド航空の機体。サンフランシスコ国際空港で(2013年7月6日撮影)。(c)AFP/Josh Edelson

【4月11日 AFP】(更新)米ユナイテッド航空(United Airlines)の国内線で、過剰予約(オーバーブッキング)を理由に乗客1人が機内から強制的に降ろされていたことが10日、他の乗客が撮影した映像などから分かり、ソーシャルメディア上で同社に対する激しい非難が沸き起こっている。当局はこの措置は適正ではなかったとして、現場で対応に当たった係官1人を休職処分にした。

問題は9日、同社と提携する8社が運航する地域路線「ユナイテッド・エクスプレス(United Express)」のイリノイ(Ilinoi)州シカゴ(Chicago)発ケンタッキー(Kentucky)州ルイビル(Louisville)行きの便で起きた。

ユナイテッド航空によると、振り替えに応じてくれる人を募ったが、その後乗客1人が降機を拒否したため、警察が呼ばれたという。

スマートフォンで撮影され、インターネット上に投稿された映像には、シカゴ航空局の係官3人が座席に座っている中年男性ともみ合いになる様子が映っている。

大声を上げ始めた男性は他の乗客が見守るなか、床を引きずられて降機させられた。その様子をスマートフォンで撮影する人もいて、ある乗客は「ひどい、自分のしていることが分かっているの!」と叫んでいる。

これを受けてソーシャルメディア上では怒りの声が巻き起こり、ツイッター(Twitter)やフェイスブック(Facebook)、グーグル(Google)で「ユナイテッド」がトレンド入りした。

ユナイテッド航空のオスカー・ムニョス(Oscar Munoz)最高経営責任者(CEO)は10日、公式ウェブサイトに掲載した声明で、事態の把握に当たっていることを明らかにした上で、男性本人と連絡を取って問題の解決に努めていると説明した。

シカゴ航空局は10日夜に声明を出し、ユナイテッド・エクスプレス便の措置について「標準的な業務手続きに従っておらず、航空保安官が取った行動は局が許可を得ていないのは明らかだ」と指摘。この保安官を同日から休職処分にしたと明らかにした。

動画をツイッターに投稿した乗客は、男性は警察とのもみ合いの際に出血したようだと書き込んでいる。同じ乗客が投稿した別の動画には、男性がその後「帰宅しないといけないんだ」と繰り返しながら同機に駆け戻ろうとする様子も捉えられている。

米運輸省によると国内の航空会社には、過剰予約が発生した便で振り替えに応じる乗客が足りない場合、同意がない乗客に対しても補償を提供すれば振り替えを強制的に求めることが認められている。(c)AFP/Nova SAFO

情報源:過剰予約で乗客引きずり降ろす、米ユナイテッド航空に非難殺到 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


米ユナイテッド便で過剰予約、乗客を引きずり出す強制措置に非難殺到

(CNN) 米ユナイテッド航空の旅客機で、過剰予約により座席数が足りなくなるオーバーブッキングが発生し、既に搭乗していた男性乗客が警官に両手足をつかまれて無理やり機外に引きずり出される騒ぎがあった。

乗り合わせた複数の乗客がこの様子を撮影したビデオをソーシャルメディアに投稿し、ユナイテッド航空には非難が殺到。対応した警官1人が休職扱いとなり、米運輸省も調査に乗り出すと表明した。

騒ぎは9日の米シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行きの便で起きた。ユナイテッド航空の広報によると、座席数が足りなくなったため一部の乗客に降りてもらう必要が生じ、複数の乗客に対して補償と引き換えに座席を譲ってもらうよう頼んだ。同便にはルイビルで別の便に乗務する乗員4人を搭乗させる必要があったという。

しかし自発的に降りてくれる乗客がいなかったことから対応を余儀なくされ、乗り換え便への接続など複数の要因を判定するシステムを使って、降りてもらう乗客を決定した。

対象となった男性乗客に対しては何度も状況を説明したが、聞き入れてもらえなかったため、運輸省が定める手順に従って、シカゴ航空局の係員が同機から排除したとしている。

別の乗客が撮影したビデオには、警官3人が座席に座っていた男性乗客を引きずり出し、両手足をつかんで仰向けの状態で通路を引きずりながら運んでいく様子が映っている。周囲の乗客からは抗議の声が上がっていた。

この場面を目撃した乗客によると、まず警官2人が穏やかな口調で座席を譲ってほしいと頼んでいたが、もう1人の警官が乱暴な態度で降りるよう指示、拒まれると男性の体をつかんで無理やり座席から引き離した。

男性はアームレストに頭をぶつけて叫び声を上げ、自分は医師だと名乗って、中国人だからこんな対応をされるのかと抗議していたという。機内は騒然となり、泣き出す子どももいた。

乗客の1人は、無理やり降ろされた男性が後に顔から血を流しながらまた同便に搭乗してきて、その後再び、今度は抵抗することなく降ろされたと話している。この証言について、ユナイテッド航空は確認していない。

米ユナイテッド便で過剰予約、乗客を引きずり出す強制措置に非難殺到

米運輸省によると、ほとんどの航空会社は乗客が現れなかった場合を想定して座席数を超す予約を受け付けている。自発的に降りてもらえなければ航空会社が乗客を選んで降ろすことも認められているという。

しかし動画が投稿されたことを受けてユナイテッド航空の対応を非難する声が殺到。同航空のオスカー・ムニョス最高経営責任者(CEO)は謝罪の声明を発表し、「緊急事態と受け止めて当局と連携し、事実関係について詳しく調査する。今回の状況に対応するため、この乗客とも接触して直接話し合う」とコメントした。

シカゴ航空局は警官の対応について、「定められた手順に従っておらず、その行為は容認できない」との判断を示し、処分が決まるまで問題の警官を休職扱いとしたことを明らかにした。

同便には騒ぎの末に、ユナイテッド航空の乗員4人が搭乗したが、周りの乗客の非難の的になったという。

一部始終を目撃した乗客のタイラー・ブリッジェズさんは、「既に座席に就いた乗客を排除するようなことがあってはならないはず。オーバーブッキングがあったのなら、搭乗できる人のみを機内に案内すべきだった」と話している。

情報源:CNN.co.jp : 米ユナイテッド便で過剰予約、乗客を引きずり出す強制措置に非難殺到 – (1/2)


4月10日、シカゴからケンタッキー州ルイビルに向かう米ユナイテッド航空の国内便で、定員を超える搭乗手続きがあったため、乗客の男性医師が強制的に降ろされる騒ぎがあったことが分かった。サンフランシスコ国際空港で2015年2月撮影(2016年 ロイター/Louis Nastro)

[ニューヨーク10日 ロイター] – シカゴからケンタッキー州ルイビルに向かう米ユナイテッド航空(UAL.N)の国内便で9日、定員を超える搭乗手続きがあったため、乗客の男性医師が強制的に降ろされる騒ぎがあった。ソーシャルメディア上ではこの話題を巡りユナイテッド航空への怒りが相次ぎ投稿された。

ツイッターに投稿された動画には、3人の保安当局者が着席していたアジア系の男性を床を引きずりながら連行する様子が撮影されている。

ユナイテッドは一部メディアに声明を発表し、オーバーブッキングがあったと説明。広報担当者は「自発的に下りてくれる人を探したが、ある乗客に拒否された。過剰手続きについては謝罪する」と述べた。

この便に搭乗していたという人物はツイッターに「志願者がいなかったため、ユナイテッドはアジア人の医師夫妻を選んだ。彼が拒否すると複数の保安当局者が通路に連れ出した。男性は顔を肘掛けにぶつけられ、口から激しく出血していた」と投稿した。

ユナイテッド航空は先月にも、優待制度を利用した少女2人がレギンス姿で搭乗しようとしたのは規則違反として手続きを拒否し、物議を醸していた。

情報源:米ユナイテッド航空、過剰予約で乗客強制排除 非難相次ぐ | ロイター


シカゴのオヘア国際空港で4月9日、ケンタッキー州ルイビル行きのユナイテッド航空3411便の機内で、オーバーブッキングにより飛行機から降りるよう求められた男性が拒否すると、警察官が無理やり引きずり出した様子がSNSに投稿され物議をかもしている。

3411便の乗客がSNSに投稿した動画には、1人の男性がユナイテッド航空の飛行機から乱暴に引きずり出される姿が映っている。

警察官が無理やり席から立たせようとしたとき、男性が頭をひじ掛けにぶつけ、叫び声を上げた。あおむけに倒れた男性を引きずっていく警察官を、驚いた他の乗客たちが携帯電話で撮影した。

仕事に行こうとする医者にこんなことをしてはダメだ。オーバーブッキングだからって。

「ああ、何てことするの? こんなの間違ってるわ!」と、足元を引きずられていく男性を見ながら、1人の女性が叫んだ。「ひどい、何てことをしてるの! あり得ない!」

他の乗客によると、引きずり出された男性は「唇を怪我していた」という。

Facebookに動画を投稿したオードラ・D・ブリッジズさんは、アメリカの新聞クーリエジャーナルに「ルイビル行きの飛行機に乗客が搭乗する前、ユナイテッド航空のスタッフが乗客に席を譲ってくれるよう頼んでいました。乗客には現金400ドルとホテルに無料で宿泊できると提案していました」と語った。

「飛行機に人が搭乗した後、ユナイテッド航空のスタッフが『4人に席を譲ってもらう必要がある』と言ってきました。4月10日にルイビルで勤務があるユナイテッド航空の従業員を連れていくためだ、とのことでした。金額は800ドルまで上がりました」と、ブリッジズさんは語った。「そして乗客に対して、4人が申し出てくれないと飛行機は離陸できないと言ったんです」

誰も席を譲らなかったので、スタッフはコンピューターで4人を選び出すと宣告した。1組のカップルが応じ、飛行機を降りた。動画の男性も選ばれた。

騒動の様子を撮影した動画をTwitterに投稿した乗客は、ユナイテッド航空が「翌日勤務がある社員のために」4人の協力者を募っていたと書き込んでいる。

動画には動揺している女性が、「パイロットたちは車をレンタルしてルイビルまで行けばいい」と提案しているのが聞き取れる。

オーバーブッキングになったユナイテッド航空3411便は、ランダムに選んだ乗客を無理やり飛行機から降ろすことに決めた。こんなやり方で。

声明の中で、ユナイテッド航空は「オーバーブッキングになった状況」に対して謝罪した。

「我々の従業員が自発的に下りてくださる乗客を探した後、一人のお客様が進んで飛行機から降りることを拒まれたため、ゲートに警官が呼ばれました」と、ユナイテッド航空は声明で説明した。「オーバーブッキングの状況を招きましたことに対してお詫び申し上げます。降ろされたお客様についての詳しいことは警察にお尋ねください」

その後、ユナイテッド航空のCEOがTwitterに別の声明を出し、「お客様方を再誘導」したことに対して謝罪した。

ユナイテッド従業員一同今回の出来事に動揺しております。これらのお客様方を再誘導する必要がありましたことに対してお詫び申し上げます。我々の従業員は警察と連携し、また当社が独自で今回の出来事を詳細に調査しております。また我々はこちらのお客様に連絡し、直接ご面会してこの件に対処し、解決する所存です。
ユナイテッド航空最高経営責任者 オスカー・ムノズ

ユナイテッドエクスプレス3411便の件に関する、CEOの見解。

シカゴ警察はハフィントンポストUS版に、「この事件の対応に当たったのはシカゴの空港警察だ」と語った。空港警察が出した声明には、「ユナイテッド3411便で起きた事件については、通常の業務要領に基づいておらず、空港警備員の行動は当部署が認めるものでないのは明らかです。事件に関わった警備員には本日から休暇を与え、状況を詳しく調べています」

シカゴ警察も声明を出し、動画に映っていた男性は「激怒しており」、気を失ったと述べた。

ブリッジズさんはFacebookで、追い出された乗客が飛行機から降りるのを拒否した理由について、彼は医者で、フライトの翌日に病院にいなければならなかったからだと語った。

ブリッジズさん「彼は降りるのを拒否した。みんな動揺しており、気分が悪くなっている」、と書き込んだ。

@Tyler_Bridgesが投稿したTwitterの動画を見ると、男性は「家に帰らなければならないんだ」と訴えているようにみえる。また、男性が座席から無理やり引きずり出され、血を流してぐったりと倒れ込んでいる。

クーリエジャーナルによると、医療チームが男性を治療するため機内に入った後にも、飛行機を降りるよう求められた乗客もいたという。

ユナイテッド航空は3月26日、レギンスを着用した10代の女性2人の搭乗を、服務規程に違反しているとして搭乗を拒否している。搭乗を拒否された乗客は社員やその親族に対する特典航空券「パスライダーズ」を利用していたという。

情報源: ユナイテッド航空機「オーバーブッキング」、警官が乗客をボコボコにして引きずり出す(動画)


そもそも、ブッキングするのがおかしいっていう、企業の責任問題だろ。

海外の記事