北朝鮮 キム・ジョンウン委員長 最高指導者就任5年 | NHKニュース

ふむ・・・


北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が最高指導者に就任して11日で5年です。首都ピョンヤンでは、各地の代表が出席する最高人民会議が開かれる予定で、指導部としては、アメリカに対抗して核・ミサイル開発を一層推し進める姿勢を強調し、キム委員長のさらなる権威づけを図るものと見られます。

北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長は、父親のキム・ジョンイル(金正日)総書記の死去に伴って、5年前の4月11日に当時の党の最高ポストである「第1書記」に就任し、名実ともに最高指導者の座に就きました。

それからちょうど5年となる11日、ピョンヤンでは、各地の代表が出席して最高人民会議が開かれます。会議では、国の予算や、法律の改正、国家機関の人事などが決定される見通しで、前回、去年6月の会議は、国家機関を統括してきた国防委員会を改編して「国務委員会」の新設を決めました。

指導部としては、キム委員長の5年間の実績を誇示したうえで、アメリカに対抗して核・ミサイル開発を一層推し進める姿勢を強調し、キム委員長のさらなる権威づけを図るものと見られます。また北朝鮮は、今週15日に、「最大の祝日」とされるキム・イルソン(金日成)主席の生誕105年の節目も控えており、国威を発揚するだけでなく、シリアへのミサイル攻撃を行ったばかりのアメリカを強くけん制するためにも、6回目の核実験やさらなるミサイル発射といった軍事挑発に出ることが懸念されています。

情報源: 北朝鮮 キム・ジョンウン委員長 最高指導者就任5年 | NHKニュース

もう5年たつのか・・・