【話の肖像画】中国人風刺漫画家・辣椒(1) 帰国したら逮捕されていた(1/3ページ) – 産経ニュース

ほぉ・・・


日本の支援者に支えられ風刺マンガを描き続けている (矢板明夫撮影)

〈中国のインターネットで多くの風刺マンガを発表し、人気を博した辣椒氏は2014年5月、妻とともに日本に“政治亡命”した〉

友人の招待で妻と日本観光に来ていたんです。帰国する直前、中国共産党の機関紙、人民日報のウェブサイト「人民ネット」で、私を名指しで批判する論文が掲載された。「辣椒は非国民だ。彼のような人物を法で裁くべきだ」といった内容でした。その直後、天津日報の「天津ネット」、上海の解放日報の「解放ネット」など各地方の官製メディアが一斉にこの論文を転載しました。同時に、私が登録していた微博(中国版ツイッター)のID、ホームページ、ブログが同時に削除され、自分が経営していたネット通販の店にもアクセスできなくなりました。「今、帰国したら逮捕される」と思い、急遽(きゅうきょ)、日本に残ることを決めました。

〈祖国に帰れなくなった見ず知らずの中国人漫画家夫婦に、多くの日本人が支援の手を差し伸べてくれた〉

私たちは当時、夏服しか持っていませんでした。お金もあまりない。夫婦でとりあえず、大阪の入国管理局に駆け込みました。窓口の人は親身になって相談に乗ってくれました。「政治亡命の申請は非常に難しいが、大学や研究機関に所属すれば、日本に滞在できる」と教えてくれたんです。その後、中国の問題に関心がある日本の学者やジャーナリスト、弁護士など多くの人に助けられました。最後は埼玉大学の研究員になることで、滞在ビザを発行してもらうことができました。

今から思えば、あのとき日本に残るという選択をしたことは正しかった。その後、習近平政権は締め付けをますます強化し、北京や上海の友人の多くが逮捕されました。私が帰国していれば、今は間違いなく刑務所の中にいたでしょうね。助けてくれた日本政府と友人たちに心から感謝しています。

〈母親の死に目にあえなかったことが最もつらかったという〉

今もマンガを描き続けています。日本の雑誌だけではなく、欧米など海外で発行される中国語の雑誌やネットなどで複数の連載を持っています。中国国内と違って、何を描いても検閲を受けたり、ネットから削除されることはないので、創作者としての自由を満喫しています。

しかし、悲しいこともあります。中国に残した家族や友人などが政府の監視対象になっていることです。私と連絡を取っただけで、2カ月も尾行された後、職場に警察官が乗り込んできて「辣椒と付き合うな」と言われた友人もいました。肉親に会えないことはもっとつらい。実は昨年5月、母親ががんで亡くなりました。母親が入院したとき、当局に捕まってもいいから中国に帰ろうとしたのですが、病床の母から「絶対に帰ってくるな」と電話で言われて…。いとこが母親の葬式の一部始終を携帯電話で実況中継してくれました。東京でそれを見て泣き続けました。(聞き手 矢板明夫)

【プロフィル】辣椒 らー・じゃお 本名・王立銘(おう・りつめい)。1973年9月13日、中国新疆ウイグル自治区生まれ。河北省の美術専門学校を卒業後、上海の広告設計会社に就職した。2005年にデザイナーとして独立。10年ごろからインターネットで風刺マンガを発表し始めた。14年5月、日本に事実上の政治亡命をした。著書に「マンガで読む、嘘つき中国共産党」(新潮社)など。ペンネームの「辣椒」は唐辛子を意味する。

情報源: 【話の肖像画】中国人風刺漫画家・辣椒(1) 帰国したら逮捕されていた(1/3ページ) – 産経ニュース

へぇ・・・