生活保護の74歳女性と47歳長男か 奈良・大和高田の民家で男女2人の遺体:イザ!

ふむ・・・


10日午後2時55ごろ、奈良県大和高田市曙町の木造2階建て民家で、男女2人の遺体を県警高田署員らが発見した。この家に住む女性(74)と長男(47)と連絡がとれておらず、同署は遺体の身元確認を急ぐとともに、死因を調べる。

同署によると、男性は階段にロープをかけて首をつった状態、女性は寝室のふとんの上で仰向けの状態で見つかった。遺体はいずれも腐敗が進んでいたが目立った外傷や着衣の乱れなどはなく、今後司法解剖して死因を調べる。

住民の女性は生活保護を受けていたが、昨年12月から連絡がとれなかったため市職員がこの日、親族と訪問。民家の玄関や窓は施錠されており、呼びかけても応答がなかったため同署に通報、駆けつけた署員が窓ガラスを割って中に入ったという。

情報源: 生活保護の74歳女性と47歳長男か 奈良・大和高田の民家で男女2人の遺体:イザ!

腐敗が進んででいた?、うへぇ・・・