死刑囚の元暴力団会長 会社社長殺害容疑で逮捕へ | NHKニュース

ハァ・・・


死刑囚の元暴力団会長が殺害を告白した不動産会社社長が、去年、埼玉県内の山林で遺体で見つかった事件で、警視庁は10日、この死刑囚を殺人の疑いで逮捕する方針です。

平成15年に前橋市のスナックで客など4人が銃で射殺された事件で、指示役として死刑が確定した住吉会系の元暴力団会長、矢野治死刑囚(68)は、東京・新宿区の不動産会社社長、斎藤衛さん(当時49)を金銭トラブルから殺害したと告白する文書を警視庁に送り、警視庁が配下の組員の証言をもとに、去年11月、埼玉県ときがわ町の山林で遺体を発見しました。

警視庁がさらに捜査を進めた結果、矢野死刑囚が平成10年4月ごろ、豊島区にあった暴力団事務所で首を絞めて斎藤さんを殺害したとして、10日、殺人の疑いで逮捕する方針です。

斎藤さんは、当時の参議院議員らが実刑判決を受けた「オレンジ共済組合」の大型詐欺事件に絡む政界工作疑惑をめぐって、平成9年に国会で証人喚問されています。

矢野死刑囚をめぐっては、平成8年に行方がわからなくなった神奈川県伊勢原市の不動産業、津川※シズ夫さん(当時60)の殺害を仲介したことも告白し、去年4月に伊勢原市の山林で遺体が見つかっていて、警視庁が調べを進めています。

(※「シズ」は、「靜」の左側が「青」)

前橋の4人射殺事件で死刑が確定

矢野治死刑囚は、平成15年、対立する暴力団の元幹部がいた前橋市のスナックで、居合わせた客など4人が射殺された事件などを指示したとして、殺人などの罪に問われました。

1審と2審はいずれも死刑を言い渡し、矢野死刑囚側は「事件に関わっていない」と無罪を主張して上告していましたが、3年前の平成26年3月、最高裁判所が上告を退け、死刑が確定していました。

社長など2人の殺害を告白

長年行方不明とされていた2人の男性が遺体で見つかった今回の事件。2人を殺害した経緯について、矢野治死刑囚がそれぞれ具体的に記した文書を警視庁に送ったことで発覚しました。

このうちの1人が不動産会社社長の斎藤さんで、高い金利と元本保証をうたって全国から多額の現金をだまし取ったとして、当時の参議院議員らが実刑判決を受けた「オレンジ共済組合」の大型詐欺事件に絡む政界工作疑惑をめぐり、国会に証人喚問されていて、警視庁によりますと、平成10年ごろに行方がわからなくなり、親族が捜索願を出していました。

矢野死刑囚は、3年前の平成26年に警視庁に送った文書の中で、斎藤さんについて「平成10年ごろ、東京・豊島区の暴力団事務所で、金銭トラブルから斎藤さんの首を絞めて殺害したあと、配下の暴力団組員に命じて遺体を遺棄した」などと記していました。

矢野死刑囚が殺害に関与したと告白したもう1人の被害者は、平成8年に行方がわからなくなった津川さんです。

矢野死刑囚はおととし、警視庁に送った文書の中で「知り合いの暴力団幹部から津川さんの殺害を依頼され、別の人物に殺害させた。遺体は配下の組員に遺棄するよう指示した」と告白しました。

津川さんは当時、伊勢原駅前の土地をめぐって住吉会系の暴力団とトラブルになっていたということです。

警視庁が、矢野死刑囚から津川さんの遺体の遺棄を指示された元組員の証言などをもとに、去年4月、神奈川県伊勢原市の山林を捜索したところ、白骨化した津川さんの遺体が発見されました。

去年11月には、埼玉県ときがわ町の山林で白骨化した斎藤さんの遺体が見つかり、警視庁がいずれも殺人の疑いで捜査を進めていました。

情報源: 死刑囚の元暴力団会長 会社社長殺害容疑で逮捕へ | NHKニュース

ふむ。