床下から手足縛られた女性の遺体 杉並区

えぇ・・・


東京・杉並区で9日午後、住宅の台所の床下から、この家の住民で60代の女性とみられる、手足を縛られた状態の遺体が見つかり、警視庁は、殺人事件の可能性もあるとみて調べている。

9日午後2時半ごろ、杉並区清水3丁目の住宅で、台所の床下から、この家に住む60代の女性とみられる、手足が縛られた状態の遺体が見つかった。

女性の家族は、女性の姿が見当たらないとして、警視庁に相談していたという。

警視庁は、遺体の身元の特定を急ぐとともに、殺人事件の可能性もあるとみて調べている。

情報源: 床下から手足縛られた女性の遺体 杉並区

意味が分からないよ・・・