YouTube、視聴1万回未満のチャンネルは広告禁止

へぇ・・・


By Esther Vargas

広告収益により莫大なお金を生み出すYouTubeですが、仕様が「総再生数1万回未満のチャンネルでは広告が表示されない」というものに変更され、一定期間動画をアップロードし続けて再生回数を稼ぐまではお金を稼ぐことができなくなりました。

YouTube Creator Blog: Introducing Expanded YouTube Partner Program Safeguards to Protect Creators
https://youtube-creators.googleblog.com/2017/04/introducing-expanded-youtube-partner.html

YouTube will no longer allow creators to make money until they reach 10,000 views – The Verge
http://www.theverge.com/2017/4/6/15209220/youtube-partner-program-rule-change-monetize-ads-10000-views

2007年、YouTubeは動画に広告を表示させたり有料チャンネル化したりすることでコンテンツの収益化を行える「YouTubeパートナープログラム」を発表しました。これにより、ユーザーはプログラムに登録して動画をアップロードすればすぐにお金を稼ぐことができるようになり、多くのユーザーが大量の動画をアップロードするようになります。これはYouTubeが世界最大の動画配信サービスとして成長していくための大きな糧となったわけですが、同時に他人のコンテンツや映像作品などをアップロードして著作権を侵害するユーザーも多くなっていきました。

そんな悪意のあるユーザーと戦うため、YouTubeはパートナープログラムに変更を加えました。変更というのは「総再生数1万回に満たないYouTubeチャンネルでは広告が表示できない」というもの。YouTube上でお金を稼ぐには自身の公開する動画上に広告を表示する必要があるため、広告が表示されなくなると収益を得られなくなります。

「YouTube上でどうやって収益を上げてお金を得るのか?」については以下の記事で詳しく解説しています。

どうやってYouTubeが収益を上げYouTuberが儲けるのか「YouTubeのお金」にまつわる仕組みをわかりやすく解説 – GIGAZINE


YouTube側の狙いはチャンネルの総再生数が1万回に達するまでにチャンネルの合法性を調べることで、必要に応じてアカウントを停止しようというもの。総再生数1万回未満のYouTubeチャンネルは収益化できなくなるということで、まだYouTubeを利用していない有用なクリエイターたちに対する参入障壁になってしまうのではという考えもありますが、海外ニュースメディアのThe Vergeは「クリエイターが新しくチャンネルを開設する機会を妨げるほどの障害ではない」と述べています。

YouTubeのプロダクトマネジメント担当副社長であるアリエル・バーディン氏は、「YouTubeパートナープログラムへの参加申請を行った新規のクリエイターには数週間後に審査プロセスが追加されることとなります。そして、クリエイターが自分のチャンネルの総再生数1万回超えを記録したあと、我々はチャンネル上でポリシーに違反するような活動がないかをチェックします。すべてクリアすると、YouTubeはチャンネルのパートナープログラムを有効にし、コンテンツ上で広告を表示可能となります。この新しい敷居(チャンネルの総再生回数1万回超)を設けることで、ルールに従っているクリエイターだけが収益を確保できるようになるわけです」と、今回の仕様変更が有益なものであると主張しています。

確かにYouTubeパートナープログラムの概要を説明するページにも「視聴回数が 10,000 回未満のチャンネルは動画に広告を表示できません。」という文字。

YouTube パートナー プログラムの概要 – YouTube ヘルプ


また、各チャンネルが収益化できるようになるまでの期間で、チャンネルがコミュニティガイドライン広告を掲載するのに適したコンテンツのガイドラインに沿ったものとなっているかも確認できるようになる、とYouTube側は主張しています。

情報源:YouTubeが総再生数が1万回に満たないチャンネルではお金を生み出せなくなる仕様に変更 – GIGAZINE


 YouTubeは米国時間4月6日、チャンネルの視聴回数が1万回に達するまで広告を表示できないよう変更したことを発表した。広告はYouTubeで利益を得る最も直接的な手段だ。

YouTubeは、広告収入を得ることができるチャンネルに視聴回数の最低条件を設けた。 提供:James Martin/CNET

基本的に、今回の変更の狙いは、悪意ある人物が他者のコンテンツを含む偽アカウントを作成する最大の動機の1つ、すなわち簡単に利益を得られる手段を排除することだ。YouTubeは今回の変更を発表するブログ記事の中で、この動きについて、他者の動画を再アップロードしたり、他者のチャンネルになりすますチャンネルを阻止するための対策だと説明した。

6日より、YouTubeはチャンネル上で広告を有効にする「YouTube Partner Program」の設定を変更し、チャンネルの視聴回数が1万回に達するまで広告が表示されないようにした。通常、YouTubeは誰かが動画を約30秒視聴したときに視聴回数1回としてカウントする。

さらに、YouTubeは数週間のうちに、広告掲載を申請する新規クリエーターの審査プロセスも追加する予定だ。チャンネルが視聴回数1万回を達成して、同プログラムへの参加を申請した後、YouTubeはそのチャンネルの活動を審査して、YouTubeのコミュニティーガイドライン広告主のポリシーに従っているかどうかを確認する。

プロダクト担当バイスプレジデントのAriel Bardin氏はブログ記事の中で、「これらの新しい制限を設けることにより、規則を守っているクリエーターだけに売り上げが入るようになるだろう」と述べた。

視聴回数が1万回以下のチャンネルで6日までに発生した売り上げは、今回の変更の影響を受けない。YouTubeはクリエーターに対し、「YouTube Creator Academy」にアクセスして、視聴回数1万回を達成する方法についてのヒントを参照するよう促した。

[原文へ]

情報源:YouTube、視聴1万回未満のチャンネルは広告禁止 – CNET Japan


YouTubeはユーザー生成コンテンツの広告表示に対策を講じ、ビッグブランドの広告があやしげなコンテンツと一緒に掲載されないようにする。今後は、累計1万ビューに満たないチャンネルではどのビデオにも広告を載せられなくなる。YouTubeがThe Wall Street Journalに伝えたところによると、この対策は昨年11月以来検討されていたもので、チャンネルがほかのコンテンツ提供者から広告収入を奪うのを防ぐことが目的だ。

YouTubeは、人種差別などの好ましくないコンテンツを含むビデオに広告が載ることに対して、広告パートナーから強い反発をかっている。Googleは間違いを詫びてポリシーを適応させたが、Coca-Cola、PepsiCo、Walmartを始めとする主要ブランドは、不快なコンテンツと共に広告が掲載されているという WSJの後広告を引き上げた。

これまでYouTubeでは、広告プログラムに参加するのが比較的容易だった。アカウント所有者であればだれでも自分のビデオに広告を載せられるので、承認プロセスはないに等しい。またYouTubeのシステムはアルゴリズムを利用して広告を掲載するコンテンツを決めるので、この種の問題を防ぐことは不可能ではないにせよかなり困難だ

1万ビューというハードルによって、一定レベルの選択が行われる。視聴者を獲得できないような攻撃的な無名のビデオを自動的に除外することによって、人間による識別を必要とするケースが大幅に減るに違いない。

[原文へ]

情報源:YouTube、1万ビュー以下のチャンネルは広告禁止に | TechCrunch Japan


YouTubeが、パートナープログラムを改定し、視聴回数が少ないチャンネルには広告を表示しなくなった。優良クリエイターの収入を守るためとしている。大手企業の広告引き上げを招いた問題の対策にもなりそうだ。

米Google傘下のYouTubeは4月6日(現地時間)、「YouTubeパートナープログラム(YPP)」を改定し、視聴回数が1万未満のチャンネルには広告を表示しないようにしたと発表した。

パートナープログラム概要の冒頭にも告知が

その目的は、YPPに登録するクリエイターの収入を守るためという。視聴回数が1万未満のチャンネルには、広告収入目的でクリエイターの人気動画や著作権を侵害する動画などを投稿するものが多いとしている。

この制限を設けることで、YouTubeはチャンネルの妥当性を判断するための十分な情報を得られるようになり、チャンネルがコミュニティガイドラインを順守しているかどうかも確認しやすくなるとしている。

YouTubeは言及していないが、最近懸念が高まっている不適切な動画広告が表示される問題の対策にもなるだろう。この問題でMcDonald’s、トヨタ、AT&Tなど大手企業がYouTubeから広告を引き上げた。YouTubeはこの問題に対処すると約束している。

現在広告収入があるチャンネルでも、視聴回数が1万未満であれば同日から広告が表示されなくなる。

赤い枠で囲った部分が視聴回数

向う数週間中に、新たなレビュープロセスが追加され、まだYPPに参加していないチャンネルは、視聴回数が1万以上になるまでYPPに参加できなくなる。チャンネルの視聴回数が1万を超えると、YouTubeがそのチャンネルがポリシーに沿っているかどうかを審査し、問題がなければYPPに追加して広告表示を開始する。

関連リンク

情報源: YouTube、視聴回数1万未満のチャンネルは広告収入なしに – ITmedia NEWS


ほぉ・・・
自分のチャンネルでも、2万回は超えているな。
まぁ、アカウントを作ったのは10年以上前なわけだが。
当時はまだ、Googleに買収される前だったからな。