ツイッター 個人情報要求した米政府を憲法違反と訴え | NHKニュース

へぇ・・・


短文投稿サイトを運営するアメリカのIT企業ツイッターは6日、アメリカ政府がトランプ大統領の政策に批判的な投稿者の個人情報の提出を求めたのは、言論の自由を保障した憲法に違反するとして裁判所に訴えを起こしました。

ツイッターが6日、カリフォルニア州の裁判所に提出した訴状によりますと、アメリカの国土安全保障省は先月、トランプ大統領の政策に批判的な投稿をした人物の個人情報を提供するようツイッターに求めたということです。

これに対してツイッターは、投稿は政権批判によって危害を受けることがないよう匿名で行われたもので、個人情報の開示を求めるのは言論の自由を保障した憲法に違反すると主張しています。

一方、国土安全保障省の報道官は、個人情報の提出をツイッターに求めたことについて「訴訟中なのでコメントできない」と述べ、説明を拒んでいます。

アメリカでは、ソーシャルメディアを使って匿名でトランプ政権を批判する投稿が数多くありますが、中には政府の関係者と見られる投稿者もいて、政府は神経をとがらせています。

トランプ大統領はツイッターを通じてみずからの考えや政策を自由に発信していて、今回の訴えは、大統領が好んで利用するツイッターに政府が言論の自由を侵害したとして訴えられる皮肉な形となっています。

情報源: ツイッター 個人情報要求した米政府を憲法違反と訴え | NHKニュース

ふむ。