今村復興相「帰還は自己責任」発言を撤回

撤回するのかよ。


記者会見する今村復興相=7日午前、復興庁

今村雅弘復興相は7日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還を「本人の責任」とした自身の発言について「撤回するということで理解してもらって結構だ。私の意図するところと誤った伝わり方をし、反省している」と述べた。

会見の冒頭で、一連の発言を「深くおわびする」と謝罪。「引き続き誠心誠意、職務に当たり、被災者に寄り添って復興に全力を尽くす」と述べ、辞任しない考えを改めて示した。

情報源:復興相、原発避難者への発言撤回 「深くおわび」 – 共同通信 47NEWS


今村復興大臣は閣議のあとの記者会見で、先に、いわゆる自主避難者が帰還するかどうかは自己責任だなどという認識を示したことについて、「意図するところと誤った伝わり方がしたことを大変、反省している」と述べ、発言を撤回しました。

この中で今村復興大臣は、今月4日の記者会見で記者に「うるさい」などと述べたことについて、「感情的になってしまったことを改めて深くおわび申し上げる」と述べたうえで、引き続き被災地の復興に向けて職務を全うしていく考えを示しました。

そして今村大臣は、いわゆる自主避難者が帰還するかどうかは自己責任だなどという認識を示したことについて、「いろいろな状況を勘案しながら、みずからの判断で帰還していただくという趣旨で申したつもりだ。私の意図するところと誤った伝わり方がしたことを大変反省している」と述べました。

そのうえで今村大臣は、記者団から「発言を撤回するのか」と質問されたのに対し、「撤回するということで理解していただいて結構だ」と述べました。

自民 二階幹事長「本人が反省 決着ついている」

自民党の二階幹事長は記者会見で、「今村大臣本人が反省すると述べていて、決着がついているのではないか。これからの努力や取り組みによって、真意が理解できるようにしていくべきだ」と述べました。

公明 井上幹事長「被災者に本当の意味で寄り添って」

公明党の井上幹事長は記者会見で、「今村大臣本人も反省の弁を述べており、被災者に本当の意味で寄り添い、復興の仕事をきちんとやってもらいたい。これから、今村大臣が、どれだけ被災者に寄り添った仕事や行動をされるのかを見守っていきたい」と述べました。

民進 安住代表代行「謝って済むなら警察はいらない」

民進党の安住代表代行は記者会見で、「浅はかなのか、軽薄なのか、被災地のことをわかっていない。原発事故が無ければ自主避難しないのに、よそごとみたいな言い方をして、相当責任のある発言だ。謝って済むなら警察はいらない」と述べました。

情報源: 今村復興相「帰還は自己責任」発言を撤回 | NHKニュース


民進党は何を言ってもブーメランにしかならないんだから、黙ってろ。