ヤマト運輸 昨年度の配達数 過去最高に | NHKニュース

ふむ・・・


ネット通販の荷物の増加で、人手不足に直面している宅配最大手のヤマト運輸は、昨年度1年間に配達した宅配便の数が前の年度を7.9%上回り、18億個を超えて過去最高となったと発表しました。ヤマト運輸は、現状ではこれ以上の荷物の増加への対応は難しいとして今後、一部の荷物の引き受けを減らすなどサービスの縮小に乗り出す方針です。

ヤマト運輸の発表によりますと、先月までの昨年度1年間に配達した宅配便の数は、18億6756万個となりました。

これはネット通販の荷物が増加した結果、前の年度より1億3630万個、率にして7.9%増えて、会社が扱う宅配便の個数としては過去最高になりました。

ヤマト運輸が取り扱う宅配便の数は、平成15年度に初めて10億個を超え、ネット通販大手のアマゾンの取り扱いが本格的に始まった平成25年度以降は、16億個を超えて荷物が一気に増えました。

これに伴って、荷物を配達するドライバーの不足が深刻になり、ヤマト運輸は労使ともに、現状ではこれ以上の荷物の増加への対応は難しいという考えで一致し、今年度は、大口取引先からの荷物の取り扱いを減らす方向で交渉を進めています。

また、ドライバーの長時間労働を是正するため、利用者へのサービスも一部縮小し、今月下旬からは、夜間の再配達を受け付ける時間を今の午後8時から午後7時に早めるほか、6月からは正午から午後2時までは時間帯指定の配達をやめることにしています。

さらに、ことし秋には、27年ぶりに宅配料金の全面的な値上げに踏み切る方針です。

情報源: ヤマト運輸 昨年度の配達数 過去最高に | NHKニュース

ほぉ・・・