テロ等準備罪新設法案 審議入り強行は暴挙 民進 山井氏 | NHKニュース

ハァ・・・?


民進党の山井国会対策委員長は記者会見で、共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案について、「与党が審議入りを強行したのは許し難い暴挙だ」と批判したうえで、廃案に追い込むため、徹底した審議を求めていく考えを示しました。

この中で、山井国会対策委員長は、共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案の審議入りについて、「被害者から強い要望のある『性犯罪厳罰化法』を後回しにして、国民の賛否が大きく分かれる『共謀罪』の審議を強行するのは、国会の歴史に汚点を残す許し難い暴挙だと強く抗議をしたい」と述べ、与党側の対応を批判しました。

そのうえで、山井氏は「テロ対策という冠をつけて、評判の悪い『共謀罪』を、国民に誤った理解を与えながら通そうとしている。一網打尽に、多くの国民を捜査・逮捕することにつながりかねない非常に重大な法案だ。十分な審議時間を取るべきで、短期間で成立を急ぐということはあってはならない」と述べ、廃案に追い込むため、徹底した審議を求めていく考えを示しました。

情報源: テロ等準備罪新設法案 審議入り強行は暴挙 民進 山井氏 | NHKニュース

民進党に言われたくないな。