日米電話首脳会談 首相“武力行使排除しない姿勢評価” | NHKニュース

ふむ・・・


北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて、安倍総理大臣はアメリカのトランプ大統領と電話で会談し、トランプ政権が北朝鮮に対し武力行使も排除しない姿勢を示していることを評価する考えを伝えました。これに対し、トランプ大統領は「同盟国日本を100%支える」と応じ、7日に迫る米中首脳会談で中国に積極的な役割を果たすよう求める考えを示しました。

安倍総理大臣は、北朝鮮が5日、弾道ミサイルを発射したことを受けて、6日午前6時半すぎから、アメリカのトランプ大統領とおよそ35分間、電話で会談しました。

この中で安倍総理大臣は、北朝鮮の弾道ミサイルの発射を強く非難したうえで、「アメリカが『すべてのオプションはテーブルの上にある』との姿勢を対外的に示していることを高く評価したい」と述べ、トランプ政権が北朝鮮に対し武力行使も排除しない姿勢を示していることを評価する考えを伝えました。

そして、安倍総理大臣は「アメリカの強い関与を背景に北朝鮮を抑止し、さらなる挑発行動の自制、安保理決議などの順守を強く求めていきたい」と述べました。

これに対しトランプ大統領は、「日本に対する安全保障上の関与を確認し、同盟国日本を100%支える」と述べ、日米韓3か国で緊密に連携していくとともに、引き続き日米同盟の強化に取り組むことを確認しました。

また両首脳は、中国が北朝鮮からの石炭の輸入をことしいっぱい停止するなどの経済制裁を実施していることについて、「十分ではない」という認識で一致し、トランプ大統領は日本時間の7日に迫る米中首脳会談で、中国に対し、積極的な役割を果たすよう求める考えを示しました。

一方、安倍総理大臣が、ワシントンの日本大使公邸で行われた桜祭りを祝う式典にトランプ大統領の長女、イバンカさんが幼い娘と息子を連れて出席したことに言及したのに対し、トランプ大統領からは、「娘や孫は大変、楽しい思いをした」と述べ、謝意を示しました。

情報源: 日米電話首脳会談 首相“武力行使排除しない姿勢評価” | NHKニュース

ハァ・・・