北朝鮮が飛翔体を発射 弾道ミサイルか 聯合ニュースが伝える

ふむ・・・


【ソウル聯合ニュース】韓国軍の合同参謀本部は5日、北朝鮮が同日朝、東部の咸鏡南道・新浦付近から東海に向けて何らかの飛翔体を発射したことを明らかにした。弾道ミサイルとみられる。

北朝鮮は午前6時40分ごろ、新浦付近の地上から飛翔体を発射したようだ。飛距離は長くなかったとみられる。

新浦は北朝鮮が主に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射する場所として知られている。ただ、今回は地上から発射されており、SLBMの可能性は低いといえそうだ。

北朝鮮は先月22日に中距離の「ムスダン」とみられる弾道ミサイルの発射を試みたものの、失敗している。同月6日には北西部の東倉里付近から中距離の「スカッド」の改良型とみられる弾道ミサイル4発を発射した。

今回の飛翔体発射は、米中首脳会談を前にした武力誇示との見方が出ている。今月6日から米国で開かれる同会談では北朝鮮の核・ミサイル問題が重点的に取り上げられる見通しだ。

北朝鮮の挑発は、韓米両軍が今月末までの予定で実施している定例合同野外機動訓練「フォールイーグル」への反発とも受け止められる。韓米両軍は北朝鮮が弾道ミサイル発射だけでなく核実験など大がかりな挑発に踏み切ることもあり得るとみて、北朝鮮の動向を注視している。

情報源:北朝鮮 新浦から弾道ミサイル発射=韓国軍当局


韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が5日朝、東部のハムギョン南道、シンポ付近から、弾道ミサイル1発を発射したと発表しました。米韓両軍は、アメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席の初めての首脳会談が行われるのに合わせて、北朝鮮が何らかの挑発を行うおそれもあるとして、警戒と監視を強化していました。

韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が5日午前6時42分ごろ、東部のハムギョン南道、シンポ付近から、弾道ミサイル1発を発射したと発表しました。

弾道ミサイルは60キロ余り離れたところに落下したということで、韓国軍は、その種類などについて、アメリカ軍と連携して詳しい情報の収集を急いでいます。

北朝鮮は去年8月にも、同じシンポ付近からSLBM=潜水艦発射弾道ミサイル1発を発射し、ミサイルはおよそ500キロ飛行して、日本の防空識別圏の日本海に落下しました。このときは韓国政府の関係者が、ミサイルを1000キロ以上飛ばすことも可能だったとする見方を示していました。

一方、北朝鮮は先月6日、北西部のピョンアン北道トンチャンリ付近から、日本海に向けて弾道ミサイル4発を日本海に向けて同時に発射し、3発が日本の排他的経済水域に落下しました。

北朝鮮は、アメリカ軍と韓国軍が先月1日から行っている合同軍事演習に反発していたほか、6日から行われるアメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席の初めての首脳会談に合わせて何らかの挑発を行う可能性も指摘されていただけに、米韓両軍が警戒と監視を強化していました。

情報源:北朝鮮が弾道ミサイル発射 約60キロ余飛行 | NHKニュース


韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が5日朝、東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)付近から、何らかの飛しょう体を発射したと発表し、アメリカ軍と連携して詳しい情報の収集を急いでいます。

韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が5日朝、東部のハムギョン南道シンポ付近から、何らかの飛しょう体を発射したと発表しました。

韓国軍が発射された飛しょう体の種類や飛距離などについて、アメリカ軍と連携して、詳しい情報の収集を急いでいます。

北朝鮮は去年8月にも、同じシンポ付近からSLBM=潜水艦発射弾道ミサイル1発を発射し、ミサイルはおよそ500キロ飛行して、日本の防空識別圏の日本海に落下しました。このときは韓国政府の関係者が、ミサイルは角度をつけて発射された結果、高度が400キロを超え、本来の角度であれば、1000キロ以上飛ばすことも可能だったとする見方を示していました。

一方、北朝鮮は先月6日、北西部のピョンアン(平安)北道トンチャンリ(東倉里)付近から、日本海に向けて弾道ミサイル4発を日本海に向けて同時に発射し、3発が日本の排他的経済水域に落下しました。韓国軍は発射されたのは、射程が1000キロに達するスカッドミサイルの改良型「スカッドER」との見方を示していました。

北朝鮮は、アメリカ軍と韓国軍が先月1日から行っている合同軍事演習で、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長を狙う訓練と、北朝鮮への先制攻撃を想定した訓練が実施されているとして、米韓両国への先制攻撃も辞さないなどと強く反発し、米韓両軍が警戒と監視を強化していました。

日本への直接の影響ないか

午前6時40分すぎ、北朝鮮の東岸付近から飛しょう体1発が、発射されたという情報があり、防衛省が、詳しい状況の確認を進めています。日本への直接の影響は、ないと見られるということです。

官邸対策室で情報収集と分析

政府は、北朝鮮が飛しょう体を発射したと見られることから、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している「北朝鮮情勢に関する官邸対策室」で、情報の収集と分析にあたっています。

岸田外務大臣は、外務省に登庁し、情報収集と分析にあたっています。岸田外務大臣は外務省に入った際、記者団に対し、「情報を確認中だ」と述べました。

情報源:北朝鮮が飛しょう体発射 韓国軍が情報収集急ぐ | NHKニュース


韓国の通信社、聯合ニュースは、北朝鮮が5日午前に東部咸鏡南道(ハムギョンナムド)・新浦付近から飛翔体を発射したと伝えた。弾道ミサイルの可能性がある。

情報源: 【北ミサイル】北朝鮮が飛翔体を発射 弾道ミサイルか 聯合ニュースが伝える – 産経ニュース


またか・・・