京都・小学校:講師が教室にバリケード…女児、不登校に

時代錯誤な教師がまだいるのか・・・


京都市西京区の市立小学校で昨年11月、当時2年生の女児(8)が授業中に教室から出ないよう、常勤の女性講師(51)が同じクラスの児童に命じて、出入り口に机や椅子で「バリケード」を築かせていたことが市教委への取材で分かった。女児は今年2月中旬から不登校になっているという。

市教委によると、女児が授業中、「帰りたい」と教室から出たがった。クラス担任だった講師が他の教員の助けを求めるため教室を出る際、女児がその間に帰ってしまわないよう、クラスの児童に指示して机や椅子を教室の前後の出入り口に並べさせたという。

また別の日には、授業中に教室から出た女児を制止した時に女児の上履きが脱げ、そのまま3、4時間目を靴下で過ごさせた。講師は市教委に対し「女児を帰らせたくなかった。女児が上履きを履こうとしなかったため預かった」と話しているという。

市教委は「配慮を欠く不適切な指導だった。女児が学校に復帰できるよう全力を尽くす」と話した。【篠田直哉】

情報源: 京都・小学校:講師が教室にバリケード…女児、不登校に

モンペも大概だけど、こういう教師も切り捨てろよ。